FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

皆さんがミネラルウォーターを買う場所は、
コンビニ・自販機・スーパー・ドラッグストア等
色々な所があると思う。
中にはミネラルウォーター専門店で、
水に詳しい人の意見を聞きつつ買うなんて人もいるだろう。

通販を利用している人も多いはずだ。
通販の利点は重い荷物を持たず、
自宅にいながら注文・受け取りができてしまう事だ。
最近は○○円以上送料無料サービスなどもあり、
ある程度の量を買えば買い物をしに行くより楽だから凄い。
更に、色々な製品の中から選べるのも特徴だ。
店舗で買う時は、店舗で売っているものしか買えないから。

ちなみに私は例外もあるが、店で買う事を心がけている。
なぜならその店の販売状況とか、ラインナップなどを見て、
店側がどう言う意図でその製品を売っているのか、
色々考える事が好きだから。
通販は確かに便利だけど、味気なく感じるのだ。
販売店が自分で考えた文章を載せているのではなく、
公式サイトからの転載だけで終わらせている場合が多いし。
自分がなぜその水を売っているのか、
説明されている所が少ないのも残念なんだよなぁ。

おっと、話が逸れた。
書きたかった事はそんな事ではなかった。

今回の主題は、客が喜ぶミネラルウォーター通販についてである。

人はアソートパック・バラエティーパックのように、
色々な品物が1つのパッケージに入っている物が好きだ。
好きだと言い切ってしまって良いのかわからないが、
私はお菓子のアソートパックを見ると、
ついつい買ってしまう傾向にあるから、
皆の中にも同じような人がいると思う。

“一袋で多くの種類が楽しめる”

それがそのような製品を買う唯一にして無二の理由だろう。

1つのものを味わい続けて感じる飽きからも、
初めて買う商品が不味くて食べられなかったケースからも、
守られるのが素晴らしい。

そこでそれを水の世界にも導入すればいいと、
いつも通販サイトを見て感じていた。

客の好きな製品を客の意見で1パックにすると、
箱から出して半端に余ってしまう製品が出、
後で困ってしまうケースもあるだろうから、
数種類の製品を1つの箱に入れて、
キチンと選んだ理由を説明し、
○○セット・○○パックのように、
適切な名前をつけて売ればいい。
箱もオリジナルを作れば尚良い。

坂本龍馬がブームの今なら『龍馬パック』と称し、
高知産の水を組み合わせたりするのも有りだろう。
そう言う組合せを私が考え出したら、
それこそ無限にアイデアが浮かんでくる。

ミネラルウォーターは500mLで24本、
2Lで6本ずつ入った箱が主流だから、
500mLなら4本ずつ6種類とか、6本ずつ4種類にして、
2Lなら1本ずつ6種類か、2本ずつ3種類位がいいかも。

問題がある事はわかっているが、
客が喜ぶものに対応して行く事も戦術の1つだ。
売れなくてどうにもならないと困っているなら、
考えてみてはどうだろうか。

もっと詳しく書きたいのだが、
とてつもなく長い文章になるから、
ここら辺でビシッと切って止めておく事にする。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

メルマガでも少し触れた話題なんだけども、
こちらの方でもう少し広げて書いて見ようと思う。

チェイサーや和らぎ水は、
お酒を飲む合間に飲む水の事で、
口の中の味をリセットしたり、
酔いを醒ましたりする効果がある。
私はその水をお酒と同じ産地の水にしたり、
自分こだわりの水にしたりして楽しむと言う事も、
面白いのではないかと考えてきた。
可能であれば仕込水をチェイサーや和らぎ水として使えば、
これ以上贅沢な事は無いだろう。

是非お酒の世界以外にも使いたい。

世の中には色々な飲み物が売られている。
私はそれ程甘い飲み物が好きでは無いので、
ジュース等を飲む機会は限られているのだが、
この間コーラを珍しく口にした時、
何気なく鹿児島の温泉水を合間に飲んでみた。
・・・これが美味しいのだ!
甘味がリセットされて、次にコーラを口に入れる時、
再び一口目のようなフレッシュ感が得られたのだ。

同じようにコーヒーでもやってみた。
・・・これまた美味しいのだ!
苦味がサッと流され、次への一口が待ち遠しくなったのだ。

そこで考えた。

お酒を扱う店ではなく、ジュースやコーヒーを扱う店でも、
チェイサーとしてこだわりの水を売るのはどうだろうか。
勿論ファストフードのような店では根付かないだろう。
ある程度お金を出しても入りたいと言うような、
全てにこだわった店がやると、
客の方も納得して注文する人がいるのでは無いだろうか。
無料で出される水でも良いのだが、
やはりそこにはこだわりを見せたい所だ。
当然ジュースやコーヒーを注文した客に対し
店員からその事に対する有効な説明や
パンフレットorチラシが必要になるけど。

特にコーヒーは面白いかもしれない。
ジュースは水を使わない場合も多いけど、
コーヒーは必ず淹れる時に水が必要だから、
今現在仕入れをしてまでこだわった水で淹れている店は、
同時にその水を売る良い機会になるかも?!

適している水は低硬度のものが良いと思う。
水がメインになるのではなく、あくまで脇役として使うから、
主張が激しい水であるのは良くないだろう。

完全な思いつきで書いてしまっているけど、
“おお、それいいな!”と思った方はやってみて下さい。
その前にまず自分でやってみるといいでしょう。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
ミネラルウォーター大全はブログであり、
画像+記事、もしくは記事のみと言った構成で続けてきている。
今の所そのスタイルを変えるつもりはない。
既に生活の一部としてブログ書きが特別な事ではなく、、
食事をしたりお風呂に入るのと同じ感覚になっているから、
ブログ容量の続く限りやり続けるだろう。

そんな動かないミネラルウォーター大全が
動画で何か出来ないかと考えるようになった。
以前ブログの方に簡単な動画を作って載せた事があるのだが、
静止画+記事だけでは伝えきれないものが、
動画だと簡単に伝えられるのだと気付いたからだ。
その場の雰囲気とか、色々な角度からの視点とか。
皆が発する声も臨場感を伝えるのに良いし。

最近はyoutubeやニコニコ動画など、
投稿サイトも数多く存在しているから、スペースには困らない。
作ってボタンを押せばOKと言う感じで、
誰にでも世界に動画を発信できるのだ。
・・・勿論見てくれる人がいるかどうかは別として。
編集も素人丸出しレベルでいいなら簡単だしね。

水好きの人と会話している様子とか、
水関係者と会話している様子とか、
水が買えるスポットとか、
採水地や工場の情報とか、
伝えたい事は山ほどあるから、
まずはカメラを買って色々試してみようかな。

ただ困るのは自分が出たくないと言う事。
自分が話すのも出来る限り避けたいのだけど、
それでは私が作る動画ではなくなってしまうし・・・
しかし動画サイトでありこち検索しても
ミネラルウォーター関係はとても少ない事に気付いた。
自分が作った動画で皆に楽しんでもらえれば最高だなぁ。

直ぐに始める訳ではないけども、
もし開始する事になったら告知します。
その時は宜しくお願いします。
まずはカメラを買わないと。

誰か一緒にやってくれる方がいたら連絡下さい。
採水地に行ったり、買い物をしたりする仲間が欲しい。
逆に、既にそのような活動をしている人で(勿論水関係で)、
私が参加してもOKと言う方は連絡下さい。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
メルマガを始めた事は前に書いた。
月~金曜日はほぼ毎日と言うか、毎日書いている。
ブログで書いて来た事と多少話題がダブる事があるが、
オリジナルの文章も多く配信している。

まだ始めてから大して時間が経っていないから、
どんな風に続けていくのかが固まっておらず、
闇雲に発信し続けているだけの状態だけど、
慣れて来たら企画モノを多く扱おうと思っている。

まぐまぐ ID:0001145093
『ミネラルウォーター大全で書かない事』

そこで1つメルマガオリジナルの企画を始めてみた。

日本全国の自治体のHPをチェックし、
そのTOPページ及びリンク先に、
ミネラルウォーター・水製品の情報があるかを確かめ、
淡々と書き並べて行くと言うもの。

実際は以下のような感じ。

稚内市:http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/
TOPページ:記述なし
リンク先:記述なし

利尻富士町:http://www.town.rishirifuji.hokkaido.jp/
TOPページ:『Reshiria リシリア』のバナーあり
http://reshiria.jp/
リンク先:海の幸・特産品のページに『リシリア』の記述あり
http://www.town.rishirifuji.hokkaido.jp/specialty/index.html

これが当たり前だけど想像した以上に大変。
調べたら全国には1727の自治体があるそうだよ。
1727って・・・
ゴールが遠すぎて、そこばかり見てるとやる気が失せるから、
目標を近い所に置き、少しずつ達成しながら続けよう。

ちなみに、この企画で私自身もメリットがある。
知らなかった自治体の名称を知る事が出来る他、
その位置関係をも理解できる事。
6/24現在、2回しか配信していないが、
既に知らなかった自治体があったし。

それにしても水の情報をHPに書いてある自治体って少ないね。
そしてシンプルで見易いHPもあれば、
ゴチャゴチャしていたり、凝り過ぎて見づらいのもある。
そう言うのをチェックするのも面白いな。
それだけでも別ブログが出来ちゃいそう。

ん?メルマガでやるより別ブログ立ち上げた方がいいかな?

そんなこんなで私はいつも何かしら妙な事を考え、
無い時間を更に削って頑張っております。

おしまい

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
各ミネラルウォーター製造・販売会社の方々は
自社製品をしっかり飲んでいるだろうか?
自社製品を愛しているだろうか?

社内では飲み放題だからその時だけ、
その他の状況時は気にせず他の製品を飲んでいる、
なーんて人もいるだろう。
別にそれでも問題は無いのだが、
例えば微妙な味の違いに気付くには、
毎日同じ水を飲んでいる方がいいと思うから、
常に自社製品を飲んでおく方がベターだと私は考える。
銀行でお札を数える人が、
機械も気付かない微妙な違いがわかるようにね。
“ん?この味は自社製品と違うぞ”
などと気付くようになったら凄い事でしょ。

外に出る時も是非自社製品を持って歩いて欲しい。
そして皆に見えるように飲んで欲しい。
皆に見えるように手に持っていて欲しい。
さり気なく目立つ所に置いて欲しい。
ブログやmixiをやっている人だったら、
自社製品を写して載せておいて欲しい。

わざとらしい・演出過多と思うかもしれないが、
そう言う地道な努力が大切なのである。

道で配っているティッシュやチラシの効果は
とても低いと言われているけど、
それでも1%近くが関心を持つと考えられている。
それだったら上に書いたような事を続けていけば、
きっと何人かは注目してくれると思うんだけどね。
“あの人何を飲んでいるんだろう?”
“あの製品は見た事が無いな ネットでチェックしてみよう”
そんな風にしてくれたら最高じゃない!!
何よりも無料で出来るアピールだから、
効果が0でも損害無しなのが素晴らしい。
日本全人口の内の一人にでも認識されれば、
それはもう大成果ではないか!!

大手製品以外は知名度を高めて行くのが困難な世界。
世界の中の1人でも多くに知って貰えるよう、
各々が考え、実行すべし!!

ただしこの事は会社が命令してやらせるのではなく、
自主的にやる事が望ましい。
ミネラルウォーターを売る会社の方々、
“またくだらない事を書いているな あいつは”と
切り捨ててしまわないで、是非考えて頂きたい。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします