FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2650種以上の市販水製品の実飲レポート

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

金沢の水

名称:金沢の水
採水国:日本
採水地:石川県金沢市末町
硬度・PH:23・7.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.6mg
カリウム:0.3mg
カルシウム:6.3mg
マグネシウム:1.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
神々の座、白山のぶな原生林に源を持つ犀川。
詩人室生犀星が美しい川と謳うその流水を、
ゆっくりと濾過しボトリングしたのがこの製品。

採水地である末浄水場の緩速濾過施設は、
昭和5年から現在まで長く市民の渇きを癒して来た。
その施設は有形文化財に登録され、
市民を始め足した人々に愛され続けている。

ちなみに緩速ろ過とは簡単に書くと、
一度川から取水した水を緩速ろ過槽に貯め、
薬品を一切使わず、砂や微生物の力を狩りてろ過する方式。
薬品を使わない他に、コストが低く済むメリットがある。
しかし、広大な土地が必要な事、ろ過に時間がかかる事、
激しい汚染に弱い事等のデメリットがある。
逆に言えば緩速ろ過を採用している都市は、
水が綺麗な場所と言えるのではないだろうか。

金沢の水

この製品は現地まで行って手に入れてきた。
金沢駅他、兼六園等でも販売が確認され、
ある程度の範囲で売られている事がわかった。

ラベルは兼六園雪吊りが描かれている。
シンプルだが美しい。
金沢の雰囲気に合っている気がする。

後味がスッと引く感じが良い。
何も邪魔しない感じで美味しく飲める。
料理にも名物のほうじ茶にも、
勿論そのまま飲んでも覆いの楽しめる水と言えるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
KIRIN アルカリイオンの水

名称:KIRIN アルカリイオンの水
採水国:日本
採水地:石川県白山市(白山の伏流水)
硬度・PH:59・8.8~9.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:6mg
カリウム:1mg
カルシウム:18mg
マグネシウム:3.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
KIRIN アルカリイオンの水は既にこのブログで書いている!
そう思ってくれた方はよく読んで下さっている方。
お礼を申し上げたい。
そう、既に1度アルカリイオンの水は書いているが、
この製品は石川県産で、以前のとは中身が違う。
ずっと買いたかったが、関東では売っておらず、
関西まで行って手に入れて来た。

御前峰・大汝峰・剣ヶ峰含む広い山域を総称して
白山と呼ばれている。
古くから霊峰として崇められ、
手取川・長良川・九頭竜川などの水源にもなっている。
人々の生活と切っても切れない山なのだ。
石川・福井・富山・岐阜の4県にまたがる白山国立公園として、
ユネスコの生物圏保護地域などに指定され、
その自然は保たれ続けているのだ。

この製品には思い入れがある。
石川県のミネラルウォーター事情と言うコラムを書いているから、
是非読んでみてほしい。

飲み口の軽さが凄い。
ホワホワっと言う感じで、心地良い。
クセが無く誰が飲んでも嫌いとは言わない味だろう。
どんな用途にも向くだろうが、
そのまま飲んで美味しい水といえるのではないだろうか。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
能登の温泉水

名称:能登の温泉水
採水国:日本 
採水地:石川県輪島市大和町
硬度・PH:14.7・8.2~8.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:461mg
カリウム:14mg
カルシウム:2.9mg
マグネシウム:1.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この製品はFOODEX JAPAN 2009にて
(株)宮商様から頂きました。

能登半島輪島採水とラベルに大きく書いてある。
温泉地としてゆうめいな輪島の水と言う事で、
色々とイメージが脳内に浮かぶ。
私も実際行った事があるが、良い所だった。
その時は水と何も関わりがなかったが、
関わりがあったら違った見方も出来ただろうな。
また今度行った時は違う視点で見て来よう。

(株)宮商は富山県の会社なのだが、
富山県の会社が石川の水を販売している事に
少し興味を感じる なぜだろう?と。
富山も沢山良い水があるのに、
なぜ石川なのかと言う事を。

私の気のせいだろうか。
味に塩っぽさを感じた。
ナトリウム値も通常のものより高いから、
これがもしかすると温泉の特徴なのかも。
そう思って念の為調べてみると
やはりナトリウム泉と書いてあった。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
小松 白山水流

名称:霊峰・白山からの素晴らしい贈り物 小松 白山水流
採水国:日本
採水地:小松市上水道水源地(石川県能美市上清水町)
硬度・PH:75・7.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:7.5mg
カリウム:1.1mg
カルシウム:27mg
マグネシウム:3.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
小松市上下水道部
はチェックから漏れていて、
HP内に市販のボトルがあると知るや否や
問い合わせメールを出し、その後電話を入れ注文した。
素早い対応で次の日には着いてしまった。
突然の問い合わせと電話にさぞ驚いたでしょう。
丁寧で素早い対応ありがとうございました。

小松市の位置は加賀市と白山市に挟まれ、
北側は日本海に面し、南側は福井県と接している。
人口は109622人(2007.9.1現在)
空港があり、国内各地から飛ぶ事ができる。
(羽田・成田・千歳・那覇・仙台・福岡)

石川県の母なる川、手取川の地下水を、
85℃の高温で30分間加熱処理し、
無菌の状態でボトル詰めしたのがこの製品。
手取川と言うと歴史の好きな余所者である私は
どうしても上杉vs織田の手取川の戦いを連想してしまうが、
このような素晴らしい水を生み出す源にもなっているのだ。
一度行ってボーっと川面を眺めていたいなぁ。
小松 白山水流
家に製品が届き、箱を開けた瞬間にまず嬉しかったのが、
ボトルの注ぎ口径が大きかった事。
グラスに注ぐ時ノーマルサイズだとコポコポなって
撥ねるのが気になってしょうがないのだ。

すっきりしていて飲み易い。
後味が良く、味そのものを楽しめる水である。
クセも無く、硬度も高くないから、
料理・ペット・赤ちゃん用に使えるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
白山新水

名称:白山新水 はくさんしんすい
採水国:日本
採水地:石川県白山市鶴来町本町
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し

味の感想【yooo】
成分の表示が一切無いのが残念。
成分以外の情報は結構書いてある為、
もうちょっとスペースを割いてくれれば・・・と思った。
成分を気にする人は最近多いと思うから、
今後是非改善してもらいたい。

製造者は株式会社小堀酒造店と言う酒蔵。
酒蔵が使用する水であるという事だけで
この水の質が想像できると言う物だ。

霊山白山の伏流水を逆浸透膜(RO膜)で濾過し
高濃度磁束活性水装置により
マイナスイオンの力を加えた活力のある水である。

質は高い水なんだろうけども、
私には少しクセが感じられた。
飲みにくいと言う所までは行かないが、
少し“ん?”と言う感じになる。
サッパリ感は強く爽快さを楽しめる人もいるかも。
飲みやすさ:★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします