水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2200種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

浅虫温泉水 仙人のわすれ水

名称:浅虫温泉水 仙人のわすれ水
採水国:日本
採水地:青森県青森市浅虫字蛍谷地内
硬度・PH:345・8.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:160mg
カルシウム:140mg
サルフェート:345mg

味の感想【yooo】
この製品はtoshikongさんに買って来て頂きました。
いつも水の事を気にして下さって感謝しています。

平安時代から名湯として名高かった温泉の水を、
出来る限り自然の味に近くなるようボトリング。
最初は麻を蒸す為に使われていたらしいが、
その内入浴にも使用し、名も転じて浅虫となった。
青森市からも近く、アクセスも良好で、
夕日が美しい事でも有名な温泉地である。

ヨーロッパの製品にはよく含まれているが、
国産の製品威は珍しいサルフェートが入っている。
しかもかなり多くの量が。
そう言う意味でも貴重と言えるだろう。
利尿作用・便秘解消・代謝を高める効能がある。

硬度が345でカルシウムが140と言うと、
計算上カルシウムのみで硬度の数値をオーバーするが、
ラベルに記述がなかったマグネシウムは
殆ど入っていないと言う事なのかな?

明らかに軟水とは違う味がする。
少し塩気を感じる。
ただし海洋深層水よりもエグ味が少なく、
後味もサッと引く感じなのが良い所。
好き・苦手の意見は分かれる水だろう。
飲みやすさ:★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
体においしい 丹内坂下 めぐみの水

名称:体においしい 丹内坂下 めぐみの水
採水国:日本
採水地:青森県むつ市
硬度・PH:18.8・7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.9mg
カリウム:0.5mg
カルシウム:5.7mg
マグネシウム:1.1mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水は株式会社めぐみ様から送って頂きました。
問い合わせをした素人に親切な対応をして頂き、
本当にありがとうございました。
2009.7.9~7.14まで渋谷電力館において、
あおもりフェスタが開催され、
本製品も出品するとの事なので、
時間のある方は是非どうぞ!

本州最北端、下北半島中央に位置するむつ市に、
数ある湧き水の中で美味しいとされる本製品は、
自然豊富な地で育まれた釜臥山からの伏流水。
まさに自然からのめぐみなのである。

青森県産の水は色々飲んでいるが、
初めての採水地で飲むのが楽しみだった。
青森の水と言うと白神山地に注目が集まるが、
これからは下北半島側にも注目したい。

むつ市は坂が多い事でも知られているらしく、
この丹内坂は下の方がかなり急らしく、
雪が降ったら危険との情報もネットの上にあった。
本製品HPにも丹内坂の説明が書いてあった。
大湊駅から海上自衛隊大湊地方総監部までの国道と
市道をつなぐ坂が11本あり、
その中で昔から呼ばれている個人名が
そのまま残っているのが丹内坂との事。

口に入れた瞬間、軽い!と感じた。
抵抗感無くスーッと体に入っていく感じ。
クセが無く誰もが嫌いと言わない味だろう。
硬度が低いからどんな用途にも使える。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

体においしい 丹内坂下 めぐみの水

2014年9月 再入手したから載せておこう。
成分・ラベル等変わった点はない。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
世界自然遺産 白神山地の名水 五所川原 立佞武多

名称:世界自然遺産 白神山地の名水 五所川原 立佞武多
採水国:日本
採水地:青森県西津軽郡鯵ヶ沢町(白神山地)
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
成分記述無し

味の感想【yooo】
世界自然遺産である白神山地の名を
バーンと商品名に使ったのは良いと思う。
それだけでイメージが良くなる感じがする。

ラベルにはねぶたの様子、津軽鉄道ストーブ列車、
太宰治記念館『斜陽館』が描かれている。
余談だが、青森に行った際ねぶた練習の様子を見た。
体力を消耗するような踊り方で、
よくもまぁ長い時間踊り続けていられるもんだと感心した。
更に余談だが、ねぶたを漢字で書くと佞武多となる事を、
今の今まで知らなかった。

ラベルに成分が一切書かれていないのが残念。
昨今水に関心を持つ人は増え、
成分を気にする人も多くなって来ているから、
是非書いて欲しかったなぁ。
マグネシウム・カルシウムだけでも書いてくれれば、
計算で硬度がわかるのだが・・・

非加熱にこだわって製造している。
つまり自然に近い味が楽しめると言う事。
白神山地の事を想像しながら、
白神山地の映像・画像を見ながら飲めば、
気持ちの面からも楽しむ事ができると思う。

ボトル容量は500mlだが、
一辺の長さが短く、背が少し高い。
そのため持ち易いのが嬉しい。
少しの工夫だが、意外に喜ばれると思う。

サッパリしていて飲み易い。
硬度が書いていなかったが、低硬度と予想できる味。
この製品を手にねぶたを見たり、
ねぶたの後にこの水を飲んで喉の渇きを潤したり、
青森にこの水ありと言う存在になって欲しいものだ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
世界遺産白神山地 神秘の雫

名称:世界遺産白神山地 神秘の雫
    ブナ林が育んだ湧水
採水国:日本
採水地:青森県西津軽郡鯵ヶ沢町(白神山地)
硬度・PH:0.2・6.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:0.2mg
カルシウム:0.05mg
マグネシウム:0.05mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
地球に残された貴重なブナ林として、
世界自然遺産に登録されている白神山地。
青森県と秋田県にまたがる13万ヘクタールあまりの面積に、
1000~1200m急の山々が連なり、
深いV字渓谷と急流が多数の滝を形成している。
広大なブナ林には天然のダムのような機能があり、
豊富な水を地下に蓄えている事でも知られる。
世界遺産に登録された事により、
シッカリした管理が管理が継続的にされるであろうから、
今後も素晴らしい水が作られる事を期待できるだろう。

ラベルが幻想的で鮮やか。
売り場でも凄く目立っていた。

じっくりと時間をかけてフィルターを通過してきた水は、
殆どミネラルを含まない超軟水だ。
ミネラル補給には向かないが、
その分他の色々な用途に使えるだろう。
弱酸性で肌に優しいから、肌に塗っても良いはずだ。

サッパリしていて後味が爽やかだった。
クセが無く、誰にも飲みやすい感じの味。
日本人が好む味と言えるかな。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

世界遺産白神山地 神秘の雫

2012年3月 再入手したから載せておく。
成分・ラベル等に変化は無い。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
PARK HYATT TOKYO Shirakami-Sanchi

名称:PARK HYATT TOKYO Shirakami-Sanchi
採水国:日本
採水地:青森県西津軽郡鯵ヶ沢町(白神山地)
硬度・PH:0.2・6.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:0.2mg
カルシウム:0.05mg
マグネシウム:0.05mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水は友人が送ってくれた。
ネットで年中検索をしているせいか、
存在すら知らない水と言うのは少ないのだが、
この水はその内の1本で、連絡を貰った時に驚愕した。
“そんな水があったのかぁ”と。

新宿西口にあるパークハイアット東京オリジナルウォーター。
高級ホテルのオリジナルと言う事で
どこの水を使っているのか興味があったが、
世界遺産に登録されている白神山地の水を使ってくれて
何かとても嬉しい気分になれた。

実はこのラベルを最初に見た時、
“大分の竹田湧水に似ているなぁ”と思った。
デザイン的には酷似していると言っても良い。
デザインと言うか、シンプルさが逆に素敵なんだけど。
良く調べてみると、パークハイアットのネットショッピングには
やはり竹田湧水の水と書いてある。
いつ青森・白神山地の水にチェンジしたのか、
竹田の水はまだ売っているのか、メールで質問してみよう。
(メールで質問した事に対し直ぐ様返答が来た。
そしてHPの方も瞬時に対応 凄い・・・
竹田の水は売っておらず、青森だけとの事。
竹田の水じゃないと嫌だという人は注意!)

硬度が0.2と言う事で、サラサラ感が強い。
パークハイアットで買ったものを
わざわざ他の用途になど使わないだろうが、
この硬度なら調乳やペットにも使える。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします