FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/02

森の水だより 大山山麓

名称:森の水だより 大山山麓
採水国:日本
採水地:鳥取県西伯郡伯耆町
硬度・PH:45・7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:11mg
カリウム:5.4mg
カルシウム:8.6mg
マグネシウム:5.7mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
森の水だよりは一度記事にしてるだろ!
yooo間違ってるぞ!と思ってくれた方々は
このブログのリピータさんです ありがとうございます。
確かに森の水だよりは一度記事にしているが、
採水地が違う製品なので再び記事にする。
もう一方は山梨県、こちらは鳥取県の水なのである。

大山隠岐国立公園の大自然のはぐ熊レア天然水を
採水地で汲み上げ、その場でボトリングしたのがこの製品。
水源地の森や山に降った雨や雪が、大地に浸透し、
永い年月をかけて天然の地層にゆっくりと濾過され、
余計な物は取り除かれ、自然の恵みを受けた水となるのだ。

このような大会社の採水地として選ばれると言う事は
採水量・品質が安定していなければならない。
その審査をクリアして製品化されたのだから、
鳥取県西伯郡伯耆町は山梨県北杜市白州に匹敵する
素晴らしい採水地といえるのではないだろうか?

さっぱりアッサリ実に飲み易い味だと思う。
万人に受けるような味だからこそ
大会社の製品として選ばれたとも言えるだろう。
硬度的に考えれば、料理等色々な用途に使える。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

森の水だより 大山山麓

2012年1月 再入手したから載せておく。
東京在住の私だが、通販ではなく広島県で手に入れてきた。
成分が微妙に変わっているから書いておこう。

硬度・PH:42.2・7.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:11mg
カリウム:5.4mg
カルシウム:8mg
マグネシウム:5.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

ラベルも微妙に変わり、ボトル自体もペコペコに柔らかく、
重量が軽減され、エコを意識している。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/978-5b0d2e3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック