FC2ブログ
2700種超のミネラルウォーター・水製品を紹介

2020/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/01

中の茶屋の水

名称:江戸中期開業 中の茶屋の水 スーパーバナジウム水
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市上吉田5601-1
硬度・PH:24.9・7.8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.7mg
カリウム:0.45mg
カルシウム・マグネシウム:24.9mg
ミネラルケイ素:14.3mg
サルフェート:1.98mg
フッ素:0.39mg
バナジウム:64μg

味の感想【yooo】
何気なく見ていたテレビ番組で
富士山について特集されていて、
その中でこの水が出てきた時初めて存在を知った。
他の事については殆ど興味を示さず
ただ見ているだけと言う感じだったが、
ミネラルウォーターと聞いた瞬間真剣に見た私は
多分変態の域に達していると思う。わはは

富士山にはいつか登らなければならないと思っていはいるが、
いまだ実現には至っていない。
体力・気力がある内に行かないと一生無理だろうから、
来年あたり挑戦してみようと考えている。
その時は実際中の茶屋に寄って採水場所を見たいと思う。

この製品、ボトルサイズが700mLで珍しい。
通販で売っているサイズも4Lボトルで希少である。
なぜ500mLや2Lサイズにしないのか
店主に直接聞いてみたい。
私はきっと何か深い理由があると予想している。

中の茶屋で採水した水をそのままボトリングしているから
製造者と採水地の住所が全く同じである。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされ、
それ自体の効果を過信するのは良くないが、
水であるが故、副作用の心配が無い為、
治療の一環として導入するのは有りだと思う。

サッパリとしていて実に飲み易い味だった。
それでいてバナジウムを始め希少ミネラルが摂れるのだから
ありがたい水と言えるのではないだろうか。
バナジウムは熱にも強いから料理等にも使える。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/848-63fae5b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック