FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

なぜか画像が消えてしまった為、
再入手次第載せる事にする。

名称:名水 スサノオ
採水国:日本
採水地:島根県雲南市大東町
硬度・PH:58・8.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:12.6mg
カリウム:0.52mg
カルシウム:9.65mg
マグネシウム:5.2mg

味の感想【yooo】
何と言うネーミングインパクトであろうか!
この水の名前は多分一生忘れないと思う。
良い水であると言う事も勿論大切だが、
ネーミングだけで人の心に刻まれてしまう品もあるのだ。

上記主要ミネラル分の他に
バナジウム・亜鉛・モリブデン・ゲルマニウム等
10種の元素も含まれている。

採水地は山紫水明の地奥出雲地方にあり、
古くから神話と伝説に包まれ、斐伊川を舞台とした、
スサノオノミコトのヤマタノオロチ退治は
今でも出雲神話として伝えられている。
そんな地の地下150mから湧き出す水を
汲み出しボトル詰めしたのがこの製品である。

画像を見るとわかるが、
バナジウム・ゲルマニウムと書かれている
青いシールの下に近畿大学の岩村教授と
ひろこ社長お薦め商品のロゴがある。
なぜにシールで隠してしまっているのだろうか?
ちょっと不思議な気がした。

酸化還元電位が(ORP)が100mv台を示し、
体内の酸化を抑える作用がある。
200mvよりも小さければ酸化を抑え、
多ければ参加を促進してしまう為、
この水の抗酸化作用はかなりのレベルにあるのだろう。

硬度が低目で、クセが無く飲み易い味だった。
サッパリ感があり、グイグイ飲むのに適している。
神話の世界を思いながら飲むのも一興だろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/817-a078b339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック