水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

フィリコ

フィリコ
名称:fillico フィリコ
採水国:日本
採水地:兵庫県神戸市 布引山麓
硬度・PH:90~100・8~8.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:12.1mg
カリウム:0.6mg
カルシウム:27.3mg
マグネシウム:5.7mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
こんなブログをやっていても
買う時にかなりの躊躇をしてしまったが、
700本目の記念だから思い切って買ってしまった。

オーストラリア産のスワロフスキーを使い、
ボトルをゴージャスに仕上げ、
セレブの間で大人気と言われているが、
私はセレブどころか庶民の庶民であるから、
その価値すらわからないのが悲しい。
パーティーなんてしないし行かないし・・・

実はこの水ボトルキャップも別売りで存在し、
その値段も5000円なのである。
であるからセットで揃えると10000円かかるのだ。
勿論私は外観でなく中身に興味があるから
キャップなど買う事を検討さえしなかったが。

中身は神戸布引の水である。
新幹線新神戸駅の裏辺りと言えばいいのか、
意外に都会近くだが、神戸は良い水が出る所が多く、
なる程ゴージャスなビンと神戸の水の組み合わせは
ちょっとしたギャップを感じ、面白いかもしれないと思った。

硬度が日本の水としては少し高めと言う事もあり、
さらさら感ではなく円やかな印象だった。
そのまま飲む事が一番適していると私は思う。

フィリコ

フィリコ

ちなみにこの水を一人で飲むのは勿体無いから
代々木にあるウォーターバー『ARTICA』で
スタッフと友人を交えて5人で飲んだのだが、
マイナス印象を持った者はいなかった。
だがしかし5000円出してまで買う気はあるかと聞くと、
買わないと答えた確率が100%であった。

そうそう、この5000円のサイズは720mLなのだが、
300mLタイプも発売されたと言う情報を得た。
300mLで3500円だそうだ。
ん?5000÷720×300=2083・・・高いな。
割合で考えると300mLの方が高級だ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
おお、ミッキーさんありがとうございます。

700種は難しいと思っていたのですが、
既に704種到達が確実となってます。

採水地探訪は私も実はやりたいのです。
近くまで行ったらやはり見たいですよね。
わかりますわかります。
実は私も新神戸に3回降りていますので、
その時探せば・・・と今でも後悔してます。
しかしその時は今程情熱的じゃなかったですから
仕方ないと言えば仕方ないですね。

700種到達で
これからはもう少し違った方向に興味を向け
水について更に深く知りたいと思います。
2007/06/13(水) 22:53 | URL | yooo #-[ 編集]
700種、偉業達成おめでとうございます!
一昨年にボトルの中身、布引の水源を求めて布引周辺を探索したことがあります。(実は、神戸で飲み会があり、早めに行って探しました。^^)
新幹線「新神戸駅」の北側に採水地があるはずなのですが、残念ながら道に迷ってしまい採水地には結局辿り着けませんでした。
(しかし、この情熱だけは同志にはわかってもらえるはず。^^)

現在は、駅の南、オリエンタルホテルの南側に無料の水汲み場が設けられています。
2007/06/13(水) 22:48 | URL | ミッキー #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/784-faa578f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック