FC2ブログ
2005年8月から活動を始め16年目に突入 水製品及びミネラルウォーターを追い求め日本全国をウロウロしている 2700種類以上の市販水製品の実飲レポート ミネラルウォーターのカタログ データベースとして使っていただければ伊藤はとても嬉しいです

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

源泉860

名称:宮城県鳴子温泉郷 源泉860
採水国:日本
採水地:宮城県玉造郡鳴子町
硬度・PH:記述無し・8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
成分記述無し

味の感想【yooo】
まず成分記述が何も無いというのが良くないと思う。
成分なんて誰も見ないだろうと思ったら大間違い。
私のような人間や、高血圧の人等、
データを必要と感じている人間は結構いるのだ。

宮城県鳴子町は秀麗な山々に抱かれた
緑豊かで水清らかな町である。
奥州三名湯として全国に有名な
鳴子温泉郷を有する町でもある。
地下860mから採水されたこの製品は
自然の力・大地の恵みが一杯の
天然アルカリイオン水である。

飲む温泉水であるが、クセは無い。
成分的に不明な為何とも言えないが、
飲み易く、常飲すれば身体に良い事があるかもしれない。
湯治場で飲んでいるのと変わらない訳だから。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/665-7d05d616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
鳴子温泉郷の周辺情報(宿)
2007/06/18(月) 15:19:25 | 旅を連想するようなページにしようと思います。
鳴子温泉郷鳴子温泉郷(なるこおんせんきょう)は、宮城県大崎市(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)にある5つの温泉の総称(温泉郷)である。鳴子温泉、東鳴子温泉、川渡温泉、中山平温泉、鬼首温泉からなり、鳴子~中山平温泉までは陸羽東線沿いにあり、鬼首温泉は他の4つと
2007/02/12(月) 01:33:22 | 温泉GO!GO!ガイド