FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

hanamasa

名称:ハナマサの自然水 プロ仕様
採水国:日本
採水地:山梨県大菩薩峠
硬度・PH:48(軟水)・7.9(弱アルカリ)
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:10.1mg
カリウム:1.5mg
カルシウム:17mg
マグネシウム:1.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し
買える店:肉のハナマサオリジナルである。
24時間営業なのでいつでも買う事ができる。

味の感想【jooo】
よくある日本の代表的な水という感じ。
昔草加の4号バイパス沿いのハナマサによく行ったが、
あそこで使っている水はこれだったのかなあ。
飲みやすさ【jooo】★★★★★(★5つで満点)

販売者:株式会社花正

味の感想【yooo】
24時間生鮮食品スーパーのハナマサオリジナルである。
安価な上、24時間手に入れるチャンスがあるのは凄い。

山梨県東部に位置する大菩薩峠を水源地とし、
深成岩の岩間を染み通ってきた原水を、
衛生環境の整った工場でボトリングしている。

私は採水地付近に何度も訪れた事があるが、
自然が豊かでとても良い場所だった。
東京からも近く訪れ易いいのも良い。

スッキリしていてグイグイ飲む事が出来る。
このような水は味的な邪魔をしない為
食事時等に一番合うのかもしれない。
飲みやすさ【yooo】★★★★★(★5つで満点)

ハナマサの自然水 プロ仕様

2012年3月 再入手したから載せておく。
微妙に成分が変わっているから記しておこう。

採水地:山梨県甲州市
硬度・PH:10・9.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:10mg
カリウム:0mg
カルシウム:10mg
マグネシウム:0mg
その他特筆すべき成分:特に無し

この成分だと硬度は10にならない。
硬度はカルシウム(/L)×2.5+マグネシウム(/L)×4.1だから、
計算すると25になるはずだ。

ハナマサの自然水 プロ仕様 2015

2015年11月 再入手したから載せておく。
ラベル・成分に変化はない。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
小林様はじめまして。

成分表示が違うと言うのはよくある話です。
季節による変動等色々理由はありますが、
PHが7.9と9.1と言う違いは大き過ぎますね。
採水地は同じで井戸が違う
それだけの違いでもなさそうです。
少し調べてみますね。
2008/04/08(火) 09:55 | URL | yooo #-[ 編集]
同じ表示の自然水を買っているつもりが、
ph値が違います。大菩薩のミネラルウォーターで、ph:7.9の時と9.1の時と有りますが、どちらが正しいのでしょうか?
2008/04/07(月) 11:53 | URL | 小林 邦夫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/50-3d52cfc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック