FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2650種以上の市販水製品の実飲レポート

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

21世紀を生きぬクチカラ 北陸大学 ミネラルウォーター

ミネラルウォーター大全 詳細版の記事はこちらから

名称:21世紀を生きぬクチカラ 北陸大学 ミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:新潟県南魚沼郡湯沢町
硬度・PH:16・6.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.6mg
カリウム:0.4mg
カルシウム:4.5mg
マグネシウム:1mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社ムラオ

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
石川県金沢市にある北陸大学のオリジナルミネラルウォーター。
オリジナルブランド『H.U.AIR』を展開し、
各種グッズを販売している中の1つがこのミネラルウォーター。
薬学部を始めとした4学部ある私立大学。

最近は大学を始め、学校系のオリジナルが目立つ。
小ロットでの製作が可能になり、
製作費用も以前よりも安くなったからかもしれない。
比較的安価で売られている事が多いから、
学生の負担が少なく済むのが良い。

採水地の新潟県南魚沼郡湯沢町には数回訪れた。
スキー場のイメージが強いエリアではあるが、
米やお酒の美味しい地域でもある。
米やお酒は良い水が無いとできないから、
この地方で採れた水がどれだけ質が高いかわかるだろう。

なぜ石川県金沢市の大学である北陸大学が、
新潟県の水を採用したのか気になる。
そこに何かしらの理由があれば嬉しい。
勿論新潟県の水が悪いと言っている訳では無く、
私自身がこだわりを感じたかっただけ。

サッパリとしていて爽快感すらある。
クセが無いから誰が飲んでも抵抗なく楽しめるだろう。
水に興味のない学生でもグイグイ飲めるはず。
硬度が低いから広く活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/3686-c1ddc606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック