FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

NIKKO JAPAN THE KANAYA HOTEL MINERAL WATER

名称:NIKKO JAPAN THE KANAYA HOTEL MINERAL WATER
採水国:日本
採水地:埼玉県秩父市
硬度・PH:88・7.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.5mg (食塩相当量0.008g)
カリウム:1.1mg
カルシウム:33mg
マグネシウム:1.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:金谷ホテル株式会社

製造所:株式会社秩父源流水

味の感想【yooo】
金谷ホテルのオリジナルミネラルウォーターを入手するのは、
今回を入れて3回目になる。
以前は栃木県鹿沼市産だったが、
埼玉県秩父市産に変ったから新種として改めて紹介する。

日光金谷ホテルは現存する日本最古の西洋式ホテルである。
1873年の創業以来、
日光の歴史 文化 自然に育まれながら進化を続けている。
時代が忘れかけた人の温もりこそが金谷ホテルの財産。

ラベルのロゴマークは、
明治40年頃に実際ホテルで使用されていたデザイン。

日光と言う土地に誇りを持っているホテルでありながら、
なぜ埼玉県産の水を選んだのか知りたい。
以前は少なくとも栃木県産だったのに。
そこに何か強い理由があってほしい。
勿論埼玉県産の水が悪いと言っているわけではない。
この水が良い事は工場見学もして十分に知っている。
こだわりが欲しいだけなのだ。

ホテルのミネラルウォーターらしく、
キャップにカバーが付いている。
誰も触っていませんよと言う安心感に繋がる。

滑らかな舌触りで、スルスルっと身体に入る感じがした。
クセが無く誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう味。
沢山の水に興味が無い人も飲むであろうホテルのオリジナルに
向いている水だと感じた。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/3598-b60ff8f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック