FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

Keio University 慶應義塾大学 ミネラルウォーター

名称:Keio University 慶応大学 ミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市
硬度・PH:38・8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.4mg(食塩相当量0.01g)
カリウム:1.3mg
カルシウム:9.5mg
マグネシウム:3.6mg
その他特筆すべき成分:バナジウム60μg

販売者:記述無し

製造者:富士ミネラルウォーター株式会社

味の感想【yooo】
この製品は慶應義塾大学オリジナルミネラルウォーター。
私は東京都新宿区信濃町にある、
慶応大学病院にて購入して来た。

製造者はミネラルウォーター業界の先駆けとも言える、
富士ミネラルウォーター株式会社が担当し、
歴史ある学校のオリジナルをしっかり作りこんである。

採水地の富士吉田市には50回以上訪れた事がある。
富士山の存在を近くに感じられる場所で、
ここなら良い水が出るのは当然と思わせる雰囲気がある。
水スポットも豊富で、彼方此方回って楽しむ事ができる。
富士山に降った雪や雨が地に浸透し、
約30年を経て磨かれつつ湧き出した原水を、
1本1本丁寧にボトリングし世に出している。

売り上げは塾生の奨学金として活用されるそうだ。

実はこの製品には思い出がある。
別ブログに書いてみたから、そちらを読んでいただきたいのだが、
そのエピソードが記憶に強く刻まれた。

ラベルはシンプルだが、とても力強いデザイン。
キャップにもペンマークが描かれている。

サッパリしていてとても飲み易い。
クセが無く誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
広く活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/3581-2f3b1423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック