FC2ブログ
2005年8月から活動を始め16年目に突入 水製品及びミネラルウォーターを追い求め日本全国をウロウロしている 2700種類以上の市販水製品の実飲レポート ミネラルウォーターのカタログ データベースとして使っていただければ伊藤はとても嬉しいです

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

東京アドベンチャーラインウォーター 奥多摩天然水

名称:東京アドベンチャーラインウォーター 奥多摩天然水
採水国:日本
採水地:東京都西多摩郡奥多摩町
硬度・PH:66・8.3
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.1mg
カルシウム:23mg
マグネシウム:1.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:奥多摩総合開発株式会社

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
この製品はJR東日本 青梅線の、
青梅駅~奥多摩駅間の愛称
東京アドベンチャーラインのオリジナル。
私は奥多摩駅まで行って、
奥多摩駅2階にあるPORT Okutamaで購入した。
現地まで行って製品を買う喜びはいつになっても変らない。

奥多摩には大袈裟でも嘘でもなく50回以上訪れた経験がある。
水に触れるにはとても良い場所で、
彼方此方に湧き水があって楽しむ事が出来る。
都心部から2時間ちょいで行く事が出来る都内に、
これほどの自然があるのは嬉しい。

東京の水源、奥多摩の山々に降った雨や雪が、
古生層と石灰岩の地層にゆっくりとしみ込み、
やがて湧水となって流れ出た原水を、
衛生管理の厳しい工場にてボトリングしたのがこの製品。

東京アドベンチャーラインの名称はイマイチ浸透していないと思う。
もっとネットやテレビを使って大々的に宣伝するか、
高尾山のように観光客が劇的に増えなければ難しいかもしれない。

サッパリしていてとても飲みやすい。
クセが無いから誰にでも愛されるだろう。
青梅・奥多摩方面への観光時に、渇きを癒す水として最高だろう。
東京にも素敵な水はあるのだ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

東京アドベンチャーラインウォーター 奥多摩天然水 20200226

2020年2月 再入手したから載せておく。
ラベル・成分ともに変わった点は無い。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/3541-84950b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック