FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2400種以上の市販水製品の実飲レポート

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

気づいている人もいると思うけど、
私はどんな製品でも、何度も購入した製品でも、
ラベルを熟読する習慣があるから、変化には気づいていた。

平成27年 2015年4月1日から食品表示法が施行され、
新しい食品表示制度が始まった為、
ナトリウムを食塩相当量で表示する製品が増えてきたのだ。

消費者庁のpdfがあるからチェックしてみてほしい

ただし今の所以前の表記でも問題ない事になっていて、
平成32年 2020年までに完全対応すればOKである。

であるから、現在はナトリウム表記 ナトリウム・食塩相当量併記
食塩相当量表記の3種が存在していると思う。

ちなみにナトリウム量を食塩相当量に換算する公式は、
ナトリウム量(mg)×2.54÷1000(g)である。
ミネラルウォーターの場合は数値が100ml単位で表示される事が多いから、
1本あたりの量を調べたい時は、容量に合わせてあげる事が大切。

硬度計算や、この記事で紹介した公式は簡単だから、
記憶しておくと何かの役に立つかもしれない。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/3426-7c2cf989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック