FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/02

秘境の湧き水 201807031

山形県西置賜郡飯豊町を採水地とする製品、
【秘境の湧き水】への思い入れは強い。

今を遡る事11年前。
2007年に初めて製品を購入し、飲み、ブログに登場させた。
今とはデザインも全く違っていて、2Lしかなかったのを記憶している。

2005年に水をスタートさせた私にとって、
2007年はごく初期と言ってもいいと思う。
なぜなら最初の1年から2年は水好きなどとは言えない状況で、
ただただ多く製品を買って飲んで書いているだけだったから。
書いている文章も酷い内容で、今読み返すと笑ってしまう。

何度か書いているのけど、
水好きではないけど、沢山の製品を飲んでいた私が、
本格的に水を知ろう 水は楽しいと思い始めたのが、
ちょうど2007年頃だったと思う。

メディアの方々からのお誘い 展示会へのお誘い
工場見学へのお誘い 会って話がしたと言うお誘い
製品紹介数が300種を超えたあたりになり、
新種が集まりづらくなっていて、
そろそろ面倒臭いからやめちゃおうとすら考えていた時期に、
お誘いが各方面から来るようになったのは、
そういうのは全く信じていない私だが・・・
もしかしたら“ずっと続けるべき”と言う、
見えざる者からの力添えだったのかもしれないと思ったりする。

そんな状況の中声をかけてくださった方の一人が、
タイトルの【秘境の湧き水】を製造販売する、
いいで源泉株式会社のEさんだったのだ。

メッセージをやり取りする中で、
色々な事を教えて頂いた記憶がある。
“いつか現地まで行って購入したいです”と言う思いも伝えていた。
Eさんの家庭の事情があり、残念ながら退職され、
結局最後までお会いする機会はなかったけども、
いつか現地でと言う思いは抱き続けてきた。

水活動は年々激しさを増す一方だし、
現地へ!と言う思いはずっとあったものの、
山形県に行く機会がなかなかやって来なかった。

このままではいかん!!と思い、
新潟県に行く事が決まった為、
この機を逃してはならないと考え、
飯豊町に行く事ができる距離にある新発田市に宿泊し、
ふらふら寄り道しながら飯豊町に入った時は、
妙に心がそわそわしたのを記憶している。

秘境の湧き水 201807032

そしてついに現地で製品を購入することができた。

本当は工場前まで行きたかったのだが、
時間がなくて断念した。
それはまた次の機会で。

現地まで行って製品を見、購入した時は謎の感動があった。
製品自体は東京でも買えるのだが、
それでは面白味に欠けるし、語るエピソードも生まれないから、
やはり苦労してでも自分なりのこだわりを貫くのがいいと思う。

初期の頃に助けて頂いた人や、
その方に関わる製品は思い入れが半端じゃない。
これからも“何でそこまでするの?”と皆に言われる位、
あちこち行きつつ水を楽しもうと思う。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/3421-74ee7af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック