水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

このエントリーをはてなブックマークに追加

MOBILE WATER モバイルウォーター

名称:MOBILE WATER モバイルウォーター
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市上吉田
硬度・PH:37・7.8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
食塩相当量:15.7mg
カリウム:1.6mg
カルシウム:8.6mg
マグネシウム:3.8mg
その他特筆すべき成分:バナジウム70μg

販売者:株式会社ジイエフビイエンタープライズ

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
富士山に降った雪や雨が地に浸透し、
長い長い年月をかけて磨かれ湧き出した原水を、
衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧にボトリングしたのがこの製品。

まず誰もが注目するのがボトルの形だろう。
かなり前同じような形の製品があったが、
今はなくなってしまっているし、
この製品よりも一回りくらい大きかった気がする。
持ち運びやすさを第一に考えているとの事で、
ウイスキーの携帯ボトルをイメージしたそうだ。
ラベルにはアーティストの作品を使っている。
容量は330ml。
水は重いから女性には喜ばれるかもしれない。
大容量ボトルが流行している現在、
小さい方に目を向けるのはとても良いと思う。

採水地の富士吉田市には、
大袈裟ではなく100回くらい行っていると思う。
周辺自治体も含め、水関係だけでずっと遊べるエリアだ。
富士山の存在を近くに感じられる環境で、
美味しい水が出るのは当たり前でしょ!!と、
身体で感じる事ができる。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされるが、
薬ではない為、過信は禁物である。
効けばいいな くらいの気持ちで丁度いい。
例え全く効果が無かったとしても、
水をこまめに飲む習慣をつける事自体が
身体には良い影響を与えてくれるだろう。

このような製品を作る人は、
一体どのように水に向き合っているのか、
直接会って話を聞いてみたい。
ホームページやラベルはしっかり読むが、
それでは掴みきれない何かを感じ取りたいから。

サッパリとしていてとても飲みやすい。
水自体の質を求めてではなく、
デザインで買った人も大いに楽しめるだろう。
飲んでしまった後もボトルは再利用したくなる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/3341-a95335e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック