水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2200種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上蒲刈島で【桂の滝】を購入してきた 6度目 前編はこちらから

上蒲刈島に渡り、であいの館にて無事【桂の滝】を購入した私は、
原水と製品の製造工場がある場所に向かった。

製品を手に入れるのは6回目だけども、
勿論そちらを見に行くのも6回目である。

桂の滝 表示 1

桂の滝 表示 2

私自身はもうナビなど見なくても桂の滝には行く事ができるけど、
初めての人には少し難しいかもしれない。
しかし要所要所に小さな看板があって、
上手く誘導してもらえるから、何とかなるはず。



ただ、大きな車で行くと、クネクネも結構多いし、
ガードレールが無い所も何箇所か存在するから、
怖い思いをする可能性もある。

桂乃滝精製所

であいの館から15分位走るとログハウス風の建物が見えてくる。
それが製造工場。

駐車場は無いのだが、車通りも殆ど無く、
車一台駐車しても迷惑にならないスペースはあるから、
なるべく端に寄せておく。

桂の滝 入り口

工場の直ぐ横に原水への道がある。

入り口からの距離はそれ程長くないのだが、
結構急な坂が続くから、革靴やヒールで訪れてしまった方は、
恐らく苦労するだろうと思う。

桂の滝への道

濡れている岩の上も歩かなければならないし。
そんな私も革靴で訪れているんだけど・・・

息を切らせながらたどり着くと、
清冽な水が勢い欲出ている竹筒がある。
それが桂の滝の原水である。

訪れるのは6回目なのだが、
私が住んでいる東京からの距離が長い事もあるのだろう、
毎回新鮮な喜びを感じる事ができる。
やった!また来る事ができたと。

桂の滝

製品の蓋をあけ、原水と飲み比べてみる。
何よりも贅沢に感じる。
何度も何度も飲み比べる。
両方とも美味しいのだが、やはり原水は格別。
馬鹿みたいに飲んでしまい、寒くてたまらなくなった。

桂の滝 帰り道

暫くその場にとどまり、撮影等をしっかり済ませ、
坂を下って車に戻り、心の中でまた来ますと挨拶をし、
クネクネの道を再び走るのだが、
往路では見えなかった景色、
瀬戸内海に浮かぶ島々がどーんと見えるのだ。

長い距離を移動してきた者に対してのプレゼントと思うようにしている。

そんなこんなで上蒲刈島で桂の滝を再び購入した話はオシマイ。

2017年もまた買いに行きたい!!
実現できたらいいな。
今回は少し急ぎ足になってしまったから、
次はゆっくり島にとどまる事が出来たらいいなと思う。
そしていつか水関係者の方と一緒に行けたらと考えている。

上蒲刈島で【桂の滝】を購入してきた 6度目 前半に戻る

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/3247-9b4e6b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック