水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙の種水 宇宙飛行士が飲む種子島の天然水

名称:宇宙の種水 宇宙飛行士が飲む種子島の天然水
採水国:日本
採水地:鹿児島県熊毛郡南種子町
硬度・PH:約37・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:14mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:9.4mg
マグネシウム:3.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

企画・開発者:株式会社ユニケミー

製造者:株式会社霧島湧水志布志工場

味の感想【yooo】
種子島の水は宇宙ステーション補給機【こうのとり】で輸送する、
水の原水に採用されている。
国際宇宙ステーションで暮らす宇宙飛行士の、
日々の生活をがっちり支えているのである。

私は前々から、離島で採れた水を、
遠くの地域で飲む事に面白さを感じている。
一昔前だったら絶対に出来ないだろうし、
考える事もなかっただろうが、
充填技術・梱包技術・流通技術の発展に伴い、
日本全国どこでも楽しめるようになったのが嬉しい。

採水地の種子島は1度訪れたいと思っているのだが、
なかなか行く機会がなくて悲しい。
渡る事が出来た際には水スポットをしっかり見て回りたい。

JAXA商品化許諾品の表示がある。
そりゃそうだろう。
許可無くこのような製品は流石に販売できない。

私は日本未来科学館のショップで手に入れたが、
他にも全国で売られている店がある。
こちらにリストが載っているから
興味のある方は是非購入してみるといいだろう。

採水地が熊毛郡南種子町で、製造地が志布志市と言う事は、
採水した水をタンクローリーなどで運んでいると言う事だ。
そんなコストをかけても商品化したかったのだろう。
その情熱に敬意を表したい。

サッパリとしていてクセがなく、
抵抗なく身体にスッと入っていく感じがした。
この味であれば人種・男女・老若男女の差なく楽しめるだろう。
硬度が低めだから広く活躍ができる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/3207-cd32255f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック