水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2015年 10月15日~17日まで、
福岡県・山口県・島根県・広島県を回ってきた。

勿論全域隈なく見回った訳ではないが、
かなりの範囲を見てきた。

そんな中で改めて感じたのは、
道の駅は一般的にミネラルウォーターの存在を
軽く見ているのかもという印象を受けた事。

勿論全ての道の駅の事を言っている訳ではない。
中にはしっかり地元産の水を売っている所もあるし、
感心してしまう位素晴らしい所もある。

今回立ち寄った道の駅を書いてみよう。

くるめ(福岡県 久留米市)
むなかた(福岡県 宗像市)
北浦街道 豊北(山口県 下関市)
萩・さんさん三見(山口県 萩市)
萩往還(山口県 萩市)
ハピネスふくえ(山口県 萩市)
うり坊の郷Katamata(山口県 萩市)
かきのきむら(島根県 吉賀町)
むいかいち温泉(島根県 吉賀町)
ピュアラインにしき(山口県 岩国市)

10ヶ所である。

この中で地元の水をしっかり売っていたのは、
くるめとピュアラインにしきだけ。
あとは大手製品のみと言う悲惨さ。

何度もブログでは取り上げているのだが、
道の駅は地域の産物を売る場所でしょ。
同じ飲料でも、お酒・ジュース乳製品は沢山あるのに、
ミネラルウォーターは地域産が無いと言う状況が理解できない。

良い水がなければ良い産物など出来ないのに、
最初から産物として認識していないのでは?
と思ってしまう位酷い状況だ。

確かに地元の人は地元の水など買わないかもしれない。

単価はそれ程高く無し、
長めとは言え賞味期限もあるし、
スペースは意外ととるし、
重たい。

しかし、やはり他の地域から来た人の事を考え、
商品展開をした方がいいと思うんだよなぁ。

地産地消などと書いていながら、
水に限っては地産ではないと言う悲しい状況を、
是非地域の方々で解決してもらいたい。
そして外部からの人間も厳しい目で見、
意見を伝えて欲しいな。
直接でもいいし、メール・ブログ・SNSでもいいから。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/3111-2c13b28f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック