水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

ミネラルウォーターの話題なのか?と問われると、
ハッキリ“そうですよ”とは言えないが、
私が水の活動を続けている中で感じている事を、
テレビ番組内で言っているシーンがあったから取り上げてみた。

2015年7月25日放送 NHK Eテレ
SWITCHインタビュー 達人達(たち) 】
さかなクンと磯田道史さんの回。

実は私、尊敬している人は誰?と問われても、
あまりその対象になる人物がおらず、
長い間“いない”と答えてきた人生だった。

しかし最近では2人の人物を挙げるようになった。
そのうちの一人がさかなクンである。

なぜさかなクンを尊敬しているかと言うと、
大好きな魚の事をを楽しそうに話すし、
豊富な体験をしているのがわかるから。
そしてそれらをわかり易く皆に伝える術を持っているから。

ちなみにもう一人は伊能忠敬。
物事を始めるのに年齢は関係ないと教えてくれた人。

さかなクンと磯田道史さんのコラボレーションは実に面白かった。
2人の講演会があったら行きたい!と思える位内容が濃く、
わかり易く勉強になった。

資料を読む知識をもつ磯田さんが、
魚類の豊富な知識を持つさかなクンと出会うと、
あんなにも話が膨らみ、濃厚な時が流れるのかと驚いた。

ある程度知識のある人がコラボすると、
きっと同じような事が起きるのだと思う。
例えそれが有名人やプロ同士ではなくてもね。

さて、このブログで取り上げた理由は、
番組の後半で1つのキーワードが印象的だったからである。

【無償の遊戯性】 江戸の言葉で言えば道楽

損得は関係ない
遊びでやる
楽しいからやる

『楽しい』
まさに私がミネラルウォーターを続けている原動力である。
水の事を調べたり、水に関する物を求める旅に出たり、
水に関する話題で誰かと話したりするのが楽しくてたまらない。
そこに損得感情はなく、皆にそれを伝えたい気持ちが溢れている。

ただ、さかなクンはこうも言っている。
自己満足しているだけではなく、
皆でその感動や楽しさを共有しなければ勿体無い。
自己満足だけではアマチュアの域を出ないとも。

うん、まさにそこなんだよなぁ。

私にはまだ覚悟が足りない。

確かに自分自身で毎日毎日睡眠時間を削ってまでも
ミネラルウォーターや水の情報を得ようとしているし、
水だけを求めた旅をしたりもする。
1本の製品を求める為だけに何万円も旅費をかける事も
もはや普通になりつつある。

そして体験した事の全てではないけども、
ある程度はこのブログに書いたり、SNSで書いたりはしている。

それらを全て大変な事だとは思っていない。
得たいからやっている 楽しいからやっているだけ。

しかし、それ以上の事には躊躇してしまう。

それ以上と言うのは、例えばテレビに出演したりする事。

ありがたい事に、そこら辺の素人オッサンである私なのに、
毎年彼方此方の番組から誘って頂く機会がある。
以前は思い切って出演した事もあったけど、
最近は申し訳なさを感じつつも断る事が多くなってしまった。
やはり、顔を出す事に抵抗があるのだ。
皆にもっと水・ミネラルウォーターの魅力を伝えたい!
と思ってはいるんだけども、やはり顔は・・・

こんな事じゃ駄目なんだろうな。
誘って下さるのを断ってばかりでは、
そのうち愛想をつかされてしまうかもしれないな。

2015年の8月で活動は丸10年になる。
2015年内で覚悟を決めるのは無理かもしれないが、
2016年以降は覚悟を身につけた伊藤になるかもしれない。

とにかく自身が楽しみ、
水やミネラルウォーターは色々な楽しみ方があり、
資源としてとても貴重な物だと、
1人でも多くの人に知ってもらえるよう活動していく。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/3086-ff285b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック