水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2200種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

このエントリーをはてなブックマークに追加


IMPERIAL HOTEL 帝国ホテル ミネラルウォーター



名称:IMPERIAL HOTEL 帝国ホテル ミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市
硬度・PH:28・8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:7.2mg
カリウム:1.6mg
カルシウム:7.1mg
マグネシウム:2.4mg
その他特筆すべき成分:バナジウム100μg

製造者は富士ミネラルウォーター(株)

味の感想【yooo】
あの帝国ホテル オリジナルミネラルウォーターである。
シンプルだけども高級感のあるラベルで、
宿泊客が持って帰りたくなる魅力がある。

帝国ホテル内にある売店では手に入らない。
宿泊者のみ手に入れる事ができる。
ちなみに1人で東京の帝国ホテルに泊まると、
1泊大体3万円以上はかかってしまう。
ミネラルウォーターの為だけに宿泊するのはキツイ。

中身は富士ミネラルウォーター。
富士ミネラルウォーターも帝国ホテルも伝統があり、
その点が共通しているから、
オリジナルに選んだのは素晴らしいと私は思った。

IMPERIAL HOTEL 帝国ホテル ミネラルウォーター2

キャップの上にカバーがある。
剥がすのを多少面倒に感じる事もあるが、
“誰も触っていませんよ”と言う証明になるから、
ホテルのウェルカムウォーターとしては素晴らしいサービス。

採水地の富士吉田市には50回以上訪れた経験がある。
私にとっては聖地の一つである。
ミネラルウォーター・水関連スポットが多く、
隣接自治体でも水で楽しめる所だらけ。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされるが、
効能を過信するのは良くない。
効けばいいな程度の期待で導入するのはありだろう。
なぜなら効能が全く無くても、
水をこまめに飲む習慣自体が身体に良いからだ。

クセがないから誰でも楽しめる。
日本人は勿論、外国の宿泊客にも喜ばれるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/3050-bdb6a180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック