水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2200種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

何度かこのブログでも書いているし、
SNSの方にも書いた事がある話題だが、
先日私の中にある聖地の一つ、
山梨県富士吉田市を訪れたから書こうと思う。

2005年の夏にミネラルウォーターを始めた頃、
探せば探すほど見つかっていく新種の中で、
多くの同一採水地製品がある事に気づいた。

初期は知識も無いし、情熱も無かったから、
詳しく調べることもせず、
その状況がとても不思議だった。

同一採水地の中でも特に多かったのが、
山梨県富士吉田市新屋という地名だった。

知識が無くても“富士吉田市は水が多く採れる所なんだ”
そう気づいた。

私は東京在住で、昔から旅好き。
すぐに行こうと決断した。

東京から富士吉田市までは2時間もあれば行く事ができる。

大月インターチェンジで中央高速を離れ、
都留・西桂と通過しつつ国道139号線を南下すると、
富士山が見事正面に見える。
そのまま進むと左に行けば山中湖・忍野、
右に行くと河口湖・鳴沢村のT字路にぶつかる。
国道138号線だ。

T字路を鳴沢村方面に行くとすぐにローソンがある。
ローソン富士吉田上吉田店である。



初心に返る事が出来る場所 山梨県富士吉田市新屋

店のまん前に【新屋】の交通看板はある。

興味のない人には全く気にならないものだろうが、
私にとってその看板は神々しくさえ見えた。

そこにミネラルウォーター工場も採水井戸も無いのは理解している。
単に交差点名が新屋なだけであって、地名が上吉田である事も。
しかし最初に新屋の文字を確認したポイントではあるし、
富士吉田市内である事は間違いないから、
それ以来富士吉田市には50回以上行ったけども、
毎回毎回ローソンに寄り、【新屋】の文字を見ながらコーヒーを飲み、
ゆっくりするのが習慣になっている。

ちなみに、
富士吉田市の他にも初期聖地認定された場所は、
鹿児島県垂水市や富山県下新川郡入善町がある。
当然どちらにも私は行った事がある。

おしまい

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2975-707e216a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック