水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

奥秩父の天然水



名称:奥秩父の天然水
採水国:日本
採水地:山梨県甲州市
硬度・PH:約10・9.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:10mg
カリウム:0mg
カルシウム:10mg
マグネシウム:0mg
その他特筆すべき成分:特に無し

製造者:株式会社ソーケンビバレッジ

販売者:記述無し

味の感想【yooo】
奥秩父山域主脈の一つである水晶山を水源地として、
砂岩の水晶 金山の岩間を染み通ってきた源水を、
衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧にボトリングされたのがこの製品。

奥秩父と言う製品名から、
埼玉県産だと思う人もいるだろうけど、
埼玉と山梨は隣同士の県だから、
このようなケースも多くあるのだ。

硬度が10と記されているのだが、
マグネシウムは1000mlあたり0mg、
カルシウムが1000mlあたり10mgで計算すると、
25になるはずなのだが、記述間違いだろうか?

ちなみに硬度の計算式は以下のとおり。
ミネラルウォーターの硬度計算をしてみよう

硬度が10でも25でも低い事には変わりない。
サッパリしていてとても飲み易かった。
クセが無いから誰からも愛されると思う。
用途広く活躍できる水である。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

2016年12月 再入手したから載せておく。
ラベル・成分共に変わった点は無い。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2914-39f7dbef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック