水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

12月20日、初日は仕事、2日目3日目は遊びと言う日程で、
九州を回ってきた。

九州周遊 ① 福岡県~鹿児島県へ はこちらから

激しく動いた前日21日は早めに眠り、
最終日の22日は5時起床 6時出発。

もっと早く出発しても構わないのだが、
早過ぎる時間帯はコンビニ以外の店が一切やっていない為、
私にとっては部屋で少し外に出るのを我慢している感じ。

まず向かったのは郵便局。
購入した大事なミネラルウォーター達を、
自宅に発送する為である。
いつもであれば重くても持って帰るのだが、
今回はカバンに入る量ではなかったし、
取り敢えず郵パックの一番大きな箱を一つ分送る事にした。

一箱分送っても尚かなりのボリュームが残っていて、
“これ持てるかな?”と不安になってしまった程。

郵便局で少し身軽になった後は
鴨池から垂水行きのフェリーに乗る手前で給油。
満タンになり、ガス欠の不安が一切なくなった状態で、
7時40分だったかな、フェリーで出発した。

垂水までの所要時間は40分ほど。
既に3回目になるが、眼前に桜島が見える航路は最高で、
名物のうどんを食べたり、外に出て撮影したりして、
あっと言う間に到着してしまった。

HOUMEI

ちなみに、フェリーの中には【HOUMEI】と言う、
鹿児島産のミネラルウォーターが売られていて嬉しかった。
地元の水は地元で売って欲しい。
観光客が立ち寄るような場所は特にと言う、
私の願いが実践されていたから。

垂水に着いた後は市内をウロウロ。
まだ早い時間だったから、どの店も会社も開いておらず、
外側からちらっと見る程度だったのが残念だった。

ちなみに垂水は私にとって聖地の一つであり、
いつか垂水で宿泊し、一日中滞在する事を夢見ている。

さて、垂水から向かうのが今回の旅メイン目的地の一つと言ってもいい、
肝属郡肝付町への行程である。

なぜ肝付町に足を向けたかというと、
9月にイプシロンロケット打ち上げがあり、
その時にオリジナルウォーターを売りだしたからである。
12月に入って九州行きが決まった時、
“もう残っていないだろうなぁ”と思いつつも、
肝付町の方に問い合わせをしてみたら、
まだ手に入る事を教えて頂いた。
とても親切な対応も嬉しかったし、
テンションMAX状態になってしまったよ。

とても遠い事はわかっていたけど、
現地で現地の製品を手に入れる事に、
とても強いこだわりがある自分だから、
絶対に逃げちゃ駄目だと考え、実行した。

確かに遠かった。

肝付町

それでも、売り場で製品を見た時、
手に入れた時の喜びは激しく、
説明は難しいけど、大興奮状態だった。

ただ、遠いという事もあって、
肝付町を後にする時に不安だったのが、
“レンタカーを返す時間に間に合うのか?”
“飛行機に間に合うのか?”と言う事。

距離的に考えると問題ないように思えても、
実際の道路事情は走ってみないとわからない。
鉄道なら1分前についても乗る事ができるが、
飛行機はそうはいかないから少し焦った。

結局肝付町の後に行きたかった、
志布志市志布志安楽には行けず、
そのままダイレクトで空港のある霧島市へと走った。

結果的にはある程度の余裕を持って空港に到着。

余った時間は近隣の水スポットに足を運ぶ事で消化した。

塩浸温泉

ちなみに訪れたのは塩浸温泉
坂本龍馬とお龍が、寺田屋で受けた傷の湯治で訪れた場所。
日本初の新婚旅行と言われている。
(違うという説もあるけどね)
この温泉の存在を知ったのは司馬遼太郎の小説を読んでである。
多分司馬遼太郎が訪れた頃よりも道も良くなっているし、
よく整備されていて、駐車場もある。
駐車場の警備員もいるから、出入りも楽々。

勿論温泉に入る事もできるし、
龍馬が使った時代そのままの階段も残っていて、
息を切らせながら歴史に思いを馳せる事も可能だ。

ちなみに塩浸温泉には、
オリジナルのミネラルウォーターもあるから、
是非買って帰って欲しい。

そんなこんなでアチコチ楽しんだ私。

全ての行程を終え、鹿児島空港から羽田に帰ってきた。

鹿児島県は先程も書いたけれど、
“地元で地元の水を売って欲しい”という
私の切なる願いがある程度実践されていて、
とても嬉しくなってしまう場所だ。
これからも積極的に訪れて、
更に理解を深めたいと考えている。

おしまい

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID:0001618230
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2779-c7e26ed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック