水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

飯山一郎ブランド 霧島の秘水



名称:飯山一郎ブランド 霧島の秘水
採水国:日本
採水地:鹿児島県霧島市
硬度・PH:127・6.4~7.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:12mg
カリウム:4.6mg
カルシウム:36.6mg
マグネシウム:8.7mg
サルフェート:57.3mg
ケイ素:71.4mg

味の感想【yooo】
最初に皆が製品名を見た時に、
飯山一郎って誰だ?!と思うだろう。
私もそう思った。
飯山一郎さんは1946年栃木県出身で、
乳酸菌を用いた自然に優しい汚泥処理機の開発に務めた人。
現・グルンバ総合研究所の所長だそうだ。
最近では鹿児島県で焼酎カスの養豚飼料化に成功したとの情報もある。

その方が推薦しているのか、
この水を販売している人なのかよくわからなかったが、
販売元の株式会社温故知新を調べてみたら取締役会長だった。
失礼致しました。

霧島の地は天孫降臨伝説が伝わる神秘的な場所で、
今尚自然が豊かに残る地域である。
私も何度か訪れた事があるのだが、
実に素晴らしい場所で満足できた。
そんな地に降った雪や雨が地に浸透し、磨かれ、
清らかな水となって生まれてくる。
原水は霧島の地にある工場にて丁寧にボトリングされ、
消費者の元に届けられるのだ。

ラベルのキリシマツツジが鮮やか。
現地に行って見るともっと素晴らしい!

硬度が127と、一般的な国産水より少しだけ高めだが、
クセなどなく、実に飲み易く大いに楽しめる。
舌触りも滑らかでスルスル身体に入っていく感じがした。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID:0001618230
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2771-13d1cdaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック