水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

とても基本的な事を書こうと思う。

基本と言うのは重要で、
何度も書いたり読んだりする事で、
その知識は頭の中で磐石となり、
他の事を考える際の武器となる。
“そんな事は知っているよ”と言いたくなる前に、
もう一度そんな事について考える方がいいだろう。

今回は保存水を製造できる会社についてである。

保存水は2011年3月11日の東日本大震災以後、
特に需要が高まった水の販売形態である。

震災以後、関東地方の浄水場において、
基準値以上の放射性ヨウ素が検出され、
暫く水道水は飲めなくなった。

その直後に水製品は町から消えた。

冗談抜きに、大袈裟ではなく消えてしまった。
私もその状況に驚いた。

スーパー・コンビニ・ドラッグストア、
自動販売機の製品までもが買い尽くされ、
何と販売薄の状況は関東だけではなく、
西日本にも広がっていった。

西日本の品薄状態は、
優先的に関東地方に製品を回そうという販売側の意向や、
関東に住む家族や友人の為に購入する人が増えたからだが。

幸い私は常時沢山の製品が家にある状態だったから、
購入できなくても全く困ることがなかった。

そんな状況下で困ったのは子供を持つ親だ。
特にミルクを必要とする小さな子を持つ親。

ミルクはメーカーの推奨硬度が50~60以下の軟水であり、
多少の誤差範囲であれば問題ないのだろうが、
硬水などで作ってしまうとお腹を壊したりしてしまう事があり、
なるべくなら軟水で作る事が望ましいのだ。

通常時ならまだしも非常時だ。
軟水が欲しいと言っても手に入らず、
右往左往してしまう方も多く見受けられた。
流石に売れ残っていた超硬水のコントレックスを、
ミルク用に使ってもいいだろうか?と言う質問が
ネット上にあふれているのを確認した程。

そんな時役立ったのが災害用の保存水である。

自治体や企業が提供してくれたケースもあり、
そのありがたさは万人の心に“保存水は大事”と強く記憶された。

その後事態が収まるにつれ、
保存水の需要は高まっていった。

さて、ここからが本題だ。

保存水というものは言うまでもなく賞味期限が長い製品。
5年保存水みたいなものが基本だが、
最近は6年・7年・10年などと言う製品もある。
5年は意外と直ぐ経ってしまうけど、
10年は流石に長いから、保存した事を忘れてしまいそうだが、
一度買えばそれだけもつのだから便利な事この上ないね。

勿論保存期間が迫ってくれば、新たに買う必要があるけど、
賞味期限であって消費期限ではないから、
多少過ぎた所で飲めなくなることは無い。
ただやはり災害時には安心して使いたいから、
期限半年前位になったら使ってしまい、
新たに購入するのが良いと私自身は考えている。

ここで考えてみよう。

保存水を製造する事が出来る会社はどういう会社だろうか。

勿論ボトリングの設備を持っていて、働く人がおり、
原水の権利を持っていたり、
どこかから運んで来たり出来るのが大前提。

その他に少なくとも保存期間以上の営業実績が無いと、
そもそも製造する事ができない。

ボトリングし、何年も検査室に置いておき、
水質を検査し続けなければ販売許可など出ない。

つまり10年保存水を製造できるメーカーは、
少なくとも10年間以上の営業実績があり、
10年もの間検査室に置いておいても、
基準値をクリアできる製法を確立できていると言う事だ。
質の高い原水を持っている事も条件だけどね。

いざと言う時にあると便利な保存水。
いざと言う時が来ないのが理想的だけど、
それは忘れた頃にやってくる。
日頃から備えておく心構えがあれば安心だ。

色々な保存水の中からお気に入りの製品を見つけ、
災害時に少しでもホッと出来るようだと尚良いね。

ちなみに私も保存用に2L×6本入りの製品を3箱準備している。

おしまい

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID:0001618230
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2742-d874cff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック