水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

【採水地・製造地・販売地まで行って買う】
それは私が周囲に言い続け、
ミネラルウォーターの活動をする中で、
大切に考えている事の一つである。

居住地である東京および周辺は沢山の製品が集まる。
新種も手に入れ易い。
首都圏のマーケットが巨大だからだろう。

それはそれで素晴らしい環境に恵まれたと考え、
手に入る新種はしっかりとチェックし、
どんどん紹介していくようにはしている。。

ただしそれでは面白みに欠ける。
(勿論私の中ではと言う意味だが)
製品が沢山集まる東京在住の人間だから、
沢山手に入るのは当たり前とも言えるからね。

だから私は採水地・製造地・販売地まで行って、
現地購入する事にこだわっているのだ。

現地でどのように扱われ売られているのか、
それを知りたいと言う事も、
現地まで手に入れてる理由の一つなのだ。

画像は山口県岩国市役所での一枚。

採水地・製造地・販売地まで行って買う

岩国市が発売した【大吟浄の水】を、
岩国市役所まで行って手に入れてきた。
役所内の売店でビシッと売られていた。
岩国市役所だけではなく、
岩国錦帯橋空港でも売っている事を知ったから、
そっちもしっかりと見てきた。

採水地・製造地・販売地まで行って買う

広島県安芸郡海田町から【海田の水】が販売されると
中国新聞の記事で知り、絶対行っておこうと考え、
半ば無理やりに役所を訪れ手に入れてきた。
役所の自販機で売られていないのが不満だった。
ただ、役所の方々の対応は丁寧で、
箱単位でなく小売をして頂けたのが嬉しかったよ。

採水地・製造地・販売地まで行って買う

【あぁ!関露水】は道の駅蛍街道西ノ市にて手に入れてきた。
少し中に入った所の自販機に入っていたが、
売り場では売られていなかったのが残念かな。
それでも地元で売られていたのを確認できて嬉しかったけど。

ミネラルウォーター製品を買って飲むだけだと、
正直私の水活動はここまで続いていなかったと思う。
テーマを決め、ルールを決め、
それをしっかりと実践する事で意義とやり甲斐を得、
楽しさに繋げて来たのだと思う。

これからもミネラルウォーターに関しては妥協せず、
楽しみを追い求めて行きたい。
そしてもっとミネラルウォーター・水は楽しいものだと、
皆に知ってもらいたい。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2693-c8b019c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック