水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

去年のお盆休みに往復ともに22時間かけて、
1900キロちょいの距離を徹夜で走破した、
水チェックツーリングを今年も実施する。

目的は全てのサービスエリア・パーキングエリアに寄り、
ミネラルウォーターの販売状況を調べる事である。

地元で地元の水が売られているか、
自らの目でチェックするのだ。

私はこのような事を人から聞くだけで終わらせる事が出来ない人間で、
辛くとも自分が現地まで行って見て来る気持ちを忘れたくない。
そうじゃないと発言に説得力が生まれないと思うし、
自らの記憶にも強く残せないと考えているから。

昨年は往路が首都高→中央→名神→山陽で、
復路が中国→名神→東名→首都高だったから、
今年は別ルートの、往路を首都高→東名→名神→中国とし、
復路は山陽→名神→中央→首都高となる。

往路に寄るサービスエリア・パーキングエリアは51ヶ所。
トイレだけしか無いパーキングエリアもあるから、
平均1つの施設で10分くらいかな。
それだけで510分(8時間半)費やすことになる。

普通に考えれば休憩含めて12時間程度で行けるはずだけど、
渋滞・悪天候・ミネラルウォーターチェックで20時間はかかるだろうな。

ま、何とかなるでしょ。

以下に寄る所を記す。

-------------【東名】
港北
海老名
中井
鮎沢
足柄
-------------【ここから新東名】
駿河湾沼津
清水
静岡
藤枝
掛川
遠州森町
浜松
-----------【またもや東名に戻って】
新城
赤塚
美合
上郷
東郷
守山
-----------【ここから名神】
尾張一宮
羽島
養老
伊吹
多賀
秦荘
黒丸
菩提寺
草津
大津
桂川
西宮名塩
-----------【ここから中国】
赤松

加西
安富
揖保川
上月
楢原
勝央
二宮
美作追分
真庭
大佐
神郷
帝釈峡
本村
七塚原
江の川
本郷
安佐
------------【ここから広島】
久地
------------【最後は山陽】
宮島


出口は広島県大竹市の大竹で。
片道14700円なり。

途中新種も見つかるだろうし、
色々勉強になるだろう事は確実で、
今後のミネラルウォーター人生にその経験を生かすつもりで走りきる。

明日は復路について書く事にする。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2676-ab14c19e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック