水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

山梨~秩父を走って来た 前編はこちらから

甲州市に入り、寒さと戦いながら走っていた私だが、
牧丘~三富に向かう途中で思った。
“あれ、何だか凍えそうだ”って。

気のせいかと思って暫く走っていたら、
気温計が現れ、その表示を見てビックリした。

山梨~秩父を走って来た 後編

山梨~秩父を走って来た 後編

何と2℃だったのだ!!
2℃って・・・
2℃の中バイクで走ったら体感気温は氷点下だよ。
そりゃ寒いはずだ。
そんな中よく耐えたよなぁ。本当に。

山梨~秩父を走って来た 後編

凍えた身体を休める為、道の駅みとみで休憩したんだけど、
まだ時間が早かったから店が開いておらず、
温かいお茶を飲んで暖を取るにとどまった。

雁坂トンネルを抜け埼玉県に入ると、
なんとなく陽の光が強くなり、
暖かさすら感じるようになって来た。

紅葉シーズン真っ最中ということもあって、
反対車線は早い時間なのに交通量が多く、
景色の綺麗な所では車を停めている人が多く、
多少の交通混乱も生まれていた。

私が走る側の車線はありがたい事にスイスイで、
バイクの特性を生かし見たい景色の所で停車し、
撮影したりして楽しんだ。

山梨~秩父を走って来た 後編

秩父はアチコチに水が湧いていたりして楽しい。
きちんと調べて回ると、整備されている所も多いし、
一日堪能できるくらいだ。

山梨~秩父を走って来た 後編

山梨~秩父を走って来た 後編

国道140号線沿いにある道の駅大滝温泉・道の駅あらかわに寄り、
飲んだり食べたりしつつ地のものを楽しみ、
スーパー等を回って水探しをしたり、
地元の水が地元で売られているかチェックをしたりした。

秩父は秩父源流水と秩父山水と言う地元製品が、
道の駅やスーパーで売られているのを確認でき、
“うんうん素晴らしい”と嬉しくなってしまった。
水だって立派な産物の一つ。
他の土産物に混じって堂々と主張すべきだし、
売り場に置かれるべきだと私は思っている。

その後299号線に入り道の駅果樹公園あしがくぼに寄ったりしつつ、
飯能へ抜け、入間に移り、五日市街道と甲州街道を使って帰宅した。

走行時間は12時間程。
走行距離は320キロ位と、私にしては短めだったが、
とても充実した旅になり満足した。

もう少し水に対してガツガツ行っても良かったのだけど、
無理は禁物!次の機会を待てばいい。

さてさて、来週はどこの水を飲みに行こうかな。
どこの水を買いに行こうかな。

おしまい。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2505-2f24d2b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック