水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

日光を走って来た 前編はこちらから

鉢石の水を離れた私は神橋を渡り、
二荒山神社を目指そうとしたのだが、
結構早い時間だったにもかかわらず、
交通量が半端じゃなく、
“これは予定を変更せざるを得ない”と思い、
いつでも誰とでも行ける二荒山神社を諦め、
中禅寺湖方面に急ぐ事にした。

なぜなら交通量の多さが、
いろは坂の紅葉観光客が沢山来ている為と判断したから。

案の定だった・・・

いろは坂は坂の手前から大渋滞。
明智平まで行くにも苦労した。

日光を走って来た 後編

一度休憩したほうがいいと判断し、
明智平で少し時間を潰したけども、
車だったら駐車すら出来ない状況で参った。

それでも前に進まなければならない。
何とかいろは坂を抜け向かったのが二荒山神社中宮祠。
もう何度も訪れているが、湧き水と製品を手に入れる為に寄った。
この神社は男体山に登る人にとって特別で、
私が行った時も登山者が結構多かった。

日光を走って来た 後編

日光を走って来た 後編

敷地内に湧いている男体龍水を楽しみ、
オリジナルミネラルウォーターである
『奥日光の神水 二荒』を購入し、神社を離れた。

日光を走って来た 後編

その後は渋滞と戦いつつ、
湯ノ湖で紅葉と湖の構図を楽しんだり、
寒くて凍えているのにソフトクリームを食べたりして、
1時間くらいゆっくりし、東京に戻る事にした。

来た道を帰るのは面白くないし、
湯ノ湖から群馬の沼田に抜ける道は少し遠くなるから諦め、
来た道を少し戻り、122号線を使い、
群馬県の桐生市まで到達した所で北関東道に乗り、
東北道で無事家に戻ってきた。

走行距離は400キロ程度、
走行時間は12時間ちょいと言う感じ。
とにかく渋滞に巻き込まれたのが痛かったけど、
見たい所は8割ほど見られたから良しとしよう。

さてさて次はどこに行こうかな。

おしまい

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2489-74492409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック