水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

今回のツーリングは、
最終目的地は決まっていたものの、
途中どこに寄るか等を全く考えずに出発してしまった。

群馬県・長野県を走ってきた 前編

朝4時半バイクに跨りエンジンをスタートさせ、
ギアをローに入れて出発した。
毎回この瞬間がたまらなく好きだ。

台風の影響で少し風が強く、
高速道路では少しきつかったけども、
首都高から外環→関越へ無事に入り、
順調すぎる感じで走っていけた。

群馬県・長野県を走ってきた 前編

本庄児玉インターチェンジで関越道からおりて、
国道462号~254号に入り、富岡町・下仁田町を通り過ぎ、
長野県佐久市に無事入る事が出来た。

下仁田町では道の駅に寄ったのだが、
いつものように早過ぎて店が殆ど開いておらず、
チェックした店では水が全く売られていないという、
悲しい状況に打ちのめされれた。

私は新種を手に入れる事も力を入れているけど、
各地方を回り、そこではきちんと地元の水が売られているか、
チェックする事も旅の目的としている。
色々な産物は地元でしっかり売られているのに、
水だけはそうではないと言う状況が多く、
皆さんに少しでもそんな有様を知ってもらおうと、
ここに書いているのである。
水は人々の生活にとって無くてはならない貴重なものであり、
日本の大切な財産であるのに、
当たり前に質の良い物が手に入るから、
皆その価値を忘れてしまっているケースが多い。
残念の一言である。

群馬県・長野県を走ってきた 前編

群馬県・長野県を走ってきた 前編

群馬県・長野県を走ってきた 前編

佐久市に入ってからはコスモスが沿道に咲いていて、
綺麗な所もあったのだけど、
枯れてしおれている所を見ると寂しくなった。
太宰治の『ア、秋』の一節 コスモス無残を思い出したりもした。

何気なく道の横に流れている川の水が綺麗だったり、
ふと見上げてみると奇岩があったりで、
楽しませてくれる道だったなぁ。

そのまま254号線を進み、国道141号に入って小諸まで移動した。

群馬県・長野県を走ってきた 後編に続く

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2474-bd94107c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック