水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

富士山麓の天然水



名称:富士山麓の天然水
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市
硬度・PH:36・7.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.7mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:8.9mg
マグネシウム:3.5mg
亜鉛:38μg
バナジウム:57μg

味の感想【yooo】
この製品にて紹介数が1700種類に達した。
記念の製品にはインパクトのある製品と言う事で、
1ヶ月くらい前から買ってとって置いた。

富士山の水を使った富士山の形状をしたボトルと言う事で、
シンプルに楽しくわかり易い製品。
普通のミネラルウォーター製品よりも値段は多少高めだが、
お土産になったりもするし、色々使い道があるだろう。

富士山麓の天然水

実は水を飲んだ後にラベルを剥がすとビックリする。
中にも富士山があるのだ。
ラベルを剥がさず捨ててしまったら損をするね。
飲んで楽しめ、見て楽しめる典型的な製品だ。

ボトル形状にインパクトがあるから、
もっと名称を印象的なものにしても良かったかなと思う。
『THE 富士山』とかね。

富士山に降った雪や雨が長い時間をかけて地に浸透し、
磨かれ湧き出た原水を衛生環境の整った工場にて
ボトリングしたのがこの製品である。

バナジウムは糖尿や高血圧に良いと言われているが、
その効果を過信するのは禁物。
効けば良いなぁ程度の期待感で導入するのはありだと思う。
水を飲む事自体が身体にいいから、
ずっと飲み続けていれば何かしら良い事があるかもしれない。

舌触りが優しく角がない味に感じられた。
クセが無く誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう味。
硬度的に考えるとどんな場面でも活躍できる水だ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

富士山麓の天然水

2012年12月 再入手したから載せておく。
ラベル・成分共に変わった点は無い。

最近販売店が増えてきた印象がある。

富士山麓の天然水

2013年3月 再入手したから載せておく。
成分・ラベルに変化はない。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2400-f6f4723b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック