水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

3月16日は本業の出張があり、
名古屋を久し振りに訪れた。

金曜日1日は仕事で豊橋の客先を訪れたりして、
ビシッと役割を果たした。
金曜日出発と言う事で、
次の土曜日は完全にフリーと言うラッキーな出張だった。

名古屋はもう5回以上訪れた経験があるのだけど、
その全てがバレーボール観戦や、
24時間ツーリングでの経由地だったりして、
いわゆる水目的ではなかった為、
市内や周辺をじっくり見て回った経験が無く、
どこに行こうか金曜日の夜は迷いに迷ってしまった。

あそこにもここにもあっちにもこっちにも行きたい・・・

改めて気づいたが、私には行きたい所が多過ぎるのだ。

一人PC画面の地図を眺めながら、
悩みに悩んだ末に決めた目的地は、三重県の菰野町

東京で生まれ、東京で育ち、東京に暮らしている私にとって、
失礼ながら、少し前までは正直な話聞いた事もない町だったが、
以前ミネラルウォーター製品の問い合わせに対し、
どこの誰だかもわからない私に菰野町役場の方が
大変親切に対応して下さり『菰野清水』と言う製品を送って頂いた。
それを飲んで記事にした経験のが決定打となったのだ。

菰野町と言う所がどんな所か見てみたい。

菰野町の道の駅を訪れ『菰野清水』が売られている姿を見たい。

菰野町と言う所まで行くのにどんな道を通るのか体験したい。

そんな思いが私を動かしたのだ。

菰野町に行ったからと言って何か特別な物を見られる訳ではなく、
レンタカーの返却時間を考えると、
行って雰囲気を感じたら直ぐに帰らなければならない感じだったが、
実際に現地を見た事があるか、訪れた事があるか、
それは私にとってとても重要だから決めた。

1万ページの資料や本を読むより、
現場1回の方が勉強になる事が多いからね。

勿論資料や本が大切ではないと言っているのではなく、
資料や本だけを追っていっても得られないものが
沢山現場にはあると言う意味である。

そんなこんなでやっと目的地が決まり、
3月17日の午前8時半頃、名古屋駅前のホテルを出発した。

天気は生憎の雨だった。

②に続く

毎日のニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2329-7d5fc4b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック