水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

各ミネラルウォーター製造会社が
軽量化されたペットボトルを採用するケースが増えている。

それについて思う事を書いてみる。

私が書きたいのは500mlサイズではなく、
2000mlサイズの事である。

地球環境の事を考えても、
輸送コスト・製造コストの圧縮と言う意味でも、
軽量化ペットボトルを採用する意味はわかる。
各社努力の結果生まれた製品だと言う事も理解している。
大いにやってもらいたい・・・と言いたい所だが、
消費者にとっては不便な点も出てくる。

何せボトルが薄くて軽くなったもんだから、
掴むと直ぐにぺこっと潰れてしまうのだ。
新品のキャップをあけて何かに注ごうとすると、
2000mlのボトルの重さを持つ為に力が入っているから、
ボトルを潰してしまい、注ぐ前に水が溢れてしまうケースがある。

特にボトルの容量ギリギリで入っている製品は、
それが裏目に出てしまう事もあるのだ。

キャップをあける時にボトルを掴んでいるだけで
水がこぼれてしまうケースもあるからね。

2000mlの軽量ペットボトルに思う事

少しぼけてしまったが画像でわかるだろうか?
グラスに注ぐ前にボトルから水がこぼれそうなのだ。
まだそれ程力を入れていない状態で。

この状態からこぼさないようグラスに注ぐには、
グラスをボトルの注ぎ口にくっ付けて、
グラスもボトルも傾けながら注ぐしかないだろう。

これから先、恐らく更なる軽量化が各社で進む事と思う。
そうなった時には注ぐ際こぼれると言うデメリットから
どのように消費者を納得させるかが問題となってくるだろう。

私なりの解決策はボトルの注ぎ口直径を広くし、
注ぐ時にコポコポなるのを防ぎ、
あとはなるべくギリギリまで水を入れないでおく、
それしかないだろうなぁ、軽量化に徹するなら。

他に何か解決策があるかじっくり考えてみよう。

毎日のニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2302-ef0b2792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
芸能情報や裏業界のネタまで新着動画でお届け!一般の方が気になっている、毎日の芸能界やスポーツ界のタブーな真実!
2012/02/14(火) 15:56:34 | 黒木メイサ 放送事故の衝撃映像?!