水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ミネラルウォーターが好き、水を飲む事が好き。
そのような人は世の中に沢山いるだろう。
私も大好きだ。

そんなミネラルウォーター大好きな人達に
より楽しんでもらう為にやってもらいたい事があるのだ。
勿論強制ではないし、単なる私の考えだから、
参考程度に読んでもらえるだけで構わない。

それでは何項かに分けて書いてみよう。

ラベルを熟読する
ラベルには色々な情報が詰まっている。
水の成分 水の情報 販売・製造会社の情報等々、
それを読むだけでだいぶ違うと私は思う。
言わばその水の説明書であるから、読んだ方が得だと思うのだ。
私は1500種以上の製品を飲んだ経験があるけど、
その全てのラベルを読んだ事によって
ある程度の知識が得られたと言っても過言ではない。

検索を利用しまくる
検索は本当に便利で役に立つ。
私は毎日検索をしない日はないと言ってもいい位に
色々なキーワードで検索をし、
導きだされた情報を読みまくっている。
どのように使うかと言うと、
ミネラルウォーター・天然水のようなキーワードは勿論、
思いつく限り色々な言葉で試している。
web検索だけではなく、画像検索も合わせて利用する。
ニュース検索をすればプレスリリース等の情報も得られ、
新発売の製品を知る上でこの上ない武器になる。

検索サイトだけではなく、楽天・ヤフー・アマゾン等で
ミネラルウォーターの項目をチェックすれば、
それだけで何十何百の製品を知る事が出来る。

問い合わせをする
それぞれ製造・販売会社のHPには
問い合わせができる環境が整えられている。
専用フォームであったり、アドレスが載っていたり形は様々だが、
こちらから接触が出来るようになっている。
それを利用しない手はない。
製品の状況を聞いたり、意見を伝えたりが直ぐに出来るのだ。
たまに全く返事をくれない会社もあるけど、
殆どは答えを書いて送ってくれる。
時にやり取りが続いたりするケースもあるから、
そのような場合は思い切って工場見学をおねだりしたり、
担当者と会って話をしたりしたいと伝えるのもいいだろう。

以上3点書いてみた。

それぞれが少しだけ時間を使うだけで無料だから、
誰にでもできるのだ。
こういう事の積み重ねで得られる知識・情報量は多く、
本を買ったり、セミナーに顔を出したりしなくても、
充分だと私は考えている。
勿論専門的にやりたいなら不足もあるだろうけど。

無料で出来る事をしっかりやって、
ある程度知識をつけたら次の段階に進むといい。
次の段階とは現場に行ったり人と会ったりする事だ。
現場に行くのも人と会って話をするのも、
何も知らない状況だと勿体無いからね。
こちらが色々知った上で質問するのと知らないで質問するのでは、
相手から引き出せる情報も変わってくるだろうし。

ミネラルウォーターや水は誰もが飲むもので、
老若男女どのような人とも会話が成立するアイテムだ。
そんなアイテムの情報を少しでも多く持っている人は、
きっとどこへ行っても会話に困る事は無いだろう。
現に私は本業でも大いに利用しているし。

おしまい。

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2166-c8ceeb98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック