水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

前にも書いた話題だが、
この時期になると毎年同じ状況が繰り返されるから、
取り上げてみようと思ってキーを打っている。

私は常にミネラルウォーターの販売形態をチェックしている。
東京にいる時 旅に出た時、いつも同じである。

スーパー・コンビニ・ドラッグストア・道の駅等では、
時に怪しく、時に厳しく、時に満足げな表情をしつつ
視線をミネラルウォーター売り場に注ぐ私。

“この店は品揃えがいいな”

“この店のコンセプトは素晴らしい”

“もう少しこう言う感じにすればいいのに”

“説明POPもきちんと書かれていて最高!担当者と話したい”

“この店は全く地元の製品を売っていないな”

“この店の担当者は水好きに違いない”

そんな事を頭の中に浮かべながら、
“私だったらこうしたい”みたな感じで考えたりもする。

どれだけ水の事ばかり考えているんだろう?
変態に近いな。ははは

ただ、そんな風に楽しくなる事ばかりではない。
がっかりしてしまう事だってあるのだ。

どんな時にがっかりしてしまうかと言うと・・・

店の外に商品を出して、
思い切り直射日光に当ててしまっているような状態の時である。

“これはミネラルウォーターが可哀想だ・・・”
思わず店の人に何か言いたくなってしまうが、
私は取引先の人間でもなければ、
勿論その店の偉い人・担当者でもないから、
モヤモヤした気持ちを引きずりながらその場を離れるしか無い。

でもね、直射日光の下で売っている店って結構多いんだよなぁ。
水は生き物とまでは流石に言わないけど、
少しでも劣化スピードを遅らせるためにも、
是非日の当たらない所で売って欲しいものだ。

皆さんも町に出たらチェックしてみて欲しい。
そしてそんな店が知り合いだった場合、
是非指摘してあげて欲しい。
勿論強く言うのではなく、やんわりと。

おしまい

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2146-de679910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック