水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

信州のうまい水

名称:信州のうまい水
採水国:日本
採水地:長野県塩尻市塩尻町
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8mg
カリウム:2.6mg
カルシウム:16mg
マグネシウム:6.6mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
2011年3月11日 東日本を襲った大震災の影響を受け、
一時町からミネラルウォーターが消えた状況の中、
少しでも供給量を増やそうと、メーカーは必死だった。
その結果このように急遽製品にしたもの出回っている。
製造者はワインで有名な会社である。

シールのラベルには『プラ』の文字が。
明らかにボトルはビンなのだが、
そこら辺からも急造と言う事がわかる。

信州のうまい水

プラスティックのキャップを取ると、
王冠が現れて驚いた人もいるだろう。
家ならまだしも、他の場所では栓抜きが無く、
開けられず困った人もいるような気がする。

ビンのミネラルウォーターは多くないが、
逆に美味しく見えるという効果も生む。
グラスに注ぐ時はペットボトルよりも
明らかに雰囲気があると思うし。
トクトクトクと言う音を楽しめるのは最高だ。

ミネラル成分は記述されているが、
硬度が書いていないから計算しよう。
硬度計算はカルシウム×25+マグネシウム×4.1だから、
16×2.5+6.6×4.1=67.06となる。

舌触りが滑らかでスルスル身体に入る感じ。
クセが無く誰が飲んでも嫌いと言わないだろう。
飲んだ後は王冠ではなくキャップをしめて保存。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

信州のうまい水

2012年9月再入手したから載せておく。
ラベル・成分等変わった点はない。
賞味期限は13年4月5日。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2090-73965aeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック