水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

震災で原発が大変な状況になり、
雨が降った後に乳児の基準値を超える
放射性ヨウ素が首都圏の浄水場から検出され、
水道水が飲めない!ミネラルウォーターを買わなくちゃ!と、
一時はミネラルウォーターパニックとも呼べる位、
ミネラルウォーターが不足し、町から消えた。

小さな子を持つ人達は、それこそ何でもいいからと、
ネットで高い製品等にも手を出し、集めていたみたいだけど、
供給量が安定しつつあり、買えるようになってきた。
私の暮らす地域(東京都江東区・中央区)では、
2Lサイズもスーパーで手に入れる事が
それ程苦労なく手に入れられる状況。

集団心理のようなもので、
皆が買っているから自分も買わなくちゃと言う、
妙な強迫観念にかられ、既に充分あるのに、
更に更にと購入してしまって
唖然としてしまっているケースもあるだろう。
“こんなに飲めるのか・・・”って。

こんなドタバタした状況下、1つ気付いた事がある。

あまりにも製品がなさ過ぎて、
小売店舗もかなり困ってしまったのだろう。
大手製品しか売っていなかった店でも、
普段ならスーパーレアとして認識される製品が
大量に並べられているのを見て私は驚いた。
“この製品をこの店で見るなんて・・・”と。
その地に行かなければ手に入れられないような品が、
今の東京には沢山あるのだ。
1480種飲んでいる私にとっても珍しいと思える品がね。

サントリーの天然水シリーズも、
東京で出回っているのは通常南アルプスなのに、
西の方で流通している奥大山が売っていたりもした。

暫く不謹慎だと思って積極的な新種探しもしていないが、
上に書いたような状況だから、
労せずして新種を2つ手に入れられた事に驚いている。
その製品達は追い追いこのブログで紹介するが、
ミネラルウォーターファンの人達は
注意深く色々な店を回ってみるといい。

被災地の方々が早く元のような生活に戻り、
日本全体に笑顔と活気が戻る事を願う毎日である。

頑張れ日本!!

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2079-4edb1d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック