水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

今日は3月31日。
と言う事は既に1年の1/4が過ぎたと言う事だ。
あと2011年は9ヶ月しかない。

今年はいい感じで始まって、
ミネラルウォーターの新種集めも順調だったし、
関係者と知り合う機会や現場訪問も活発で、
何かもっと面白い事が出来るんじゃない、
そんな風に思っていた矢先に地震が起こってしまった。

東北関東では著しい被害が出、
買占め等の現象も起こり、物資も不足し始め、
悠長にミネラルウォーター探しなどしている場合ではなくなり、
とにかく必要な所に水を渡すのが優先の状況。
私も家にあった製品を殆ど子供のいる知人に送った。

雨が降り、東京23区の水道を供給している金町浄水場から
幼児の基準値を超える放射性ヨウ素が検出され、
一時ミネラルウォーターパニックとも呼べる
集団買占めによる深刻な製品不足が起こり、
自販機ですら買えないと言う笑い話のような
訳のわからない事態となった。

しかし今では少し落ち着いた感じもあり、
販売数制限がありはするものの、
全く買えないと言う事は無いと思う。
私がいつも通勤時チェックする店では、
2Lのペットボトルも売れ残っていたし。

千葉県が大人の基準値を超える放射線が
水道水の中に含まれていたにも関わらず、
1週間発表が遅れ、大騒ぎになったニュースがあった。
大人の基準値を超えているって事は、
乳児とかにそれ飲ませたらどうなるんだよ!!
そのような心配をする親がいるのも当然で、
責任を問われるのが当然と私も思う。
安全安全と思っていたものが、
実はそうじゃなかったら?恐怖でしかない。

また雨が降ったら同じような事が起こるのでは?
そんな感じで水道水に漠然とした不安があるから、
ミネラルウォーターを買うのは理解できるんだけど、
今の世界何が本当に安全かなんてわからないからね。
自分で色々調べて信頼できる企業の製品を買う
と言う事が一番なのかもしれない。

私自身は今水道水で生活している。
浄水器を通した水で充分だし。
大人の基準値を超える放射線量が検出されれば、
流石に何日かはミネラルウォーターとなるだろう。

とにかく原発の状況が終息に向かわない限り、
同じような事が繰り返されるのは間違いない。
デマに惑わされぬよう日頃からしっかりと備え、
情報を常に仕入れる事に集中し、
生活していく事が肝心だと思う。

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2071-7aa3c3d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック