水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

富士清水 JAPAN WATER

名称:富士清水 JAPAN WATER
採水国:日本
採水地:山梨県南都留郡山中湖村
硬度・PH:52・7.8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.7mg
カリウム:1.8mg
カルシウム:12mg
マグネシウム:4.9mg
その他特筆すべき成分:バナジウム75μg

味の感想【yooo】
近年パワースポットとして海外からも注目を集める富士山の、
パワーの源でもある玄武岩で濾過され、
バナジウムを豊富に含んだ水を現地採水し、
安全な環境下でボトリングしたのがこの製品。
富士山周辺の採水地と言うと、
富士吉田・西桂・鳴沢・忍野・富士宮が思い浮かぶが、
山中湖村もとても良い水が出る事で有名。

この製品で私が気に入ったのは、
富士清水のロゴの下に『JAPAN WATER』と書いてある事。
色々な考え方はあるのだろうけど、
日本のイメージ=富士山と言うのも1つの意見だと思うし、
象徴としてこれ以上わかり易いものは無いと思うから、
富士山の水=日本の水として売るのは、
外国の方に向けてという意味なら大正解だと思う。
ラベルには英語の説明記述もあるし、
もしかしたらこれから先の時代は、
このように外国の方を意識した製品でないと、
売り上げを伸ばせなくなっているのかも。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされ、
その効能を過信するのは禁物だが、
効けばいいな程度の期待感で臨むのはありだろう。
例えバナジウムが全く効かなくても、
水を飲む習慣が身体に良いのだから+になるはず。

スッキリしていてグイグイ飲める。
クセが無く誰にでも愛される味だと思う。
バナジウムは熱でも壊れないから、
料理・お茶・コーヒーに使ってもOKだ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

富士清水 JAPAN WATER

2013年4月 再入手したから載せておく。
成分・ラベル等変わった点はない。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/2004-962e9c3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック