水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

玉鳴号 たまなるごう

名称:玉鳴号 たまなるごう
採水国:日本
採水地:宮城県大崎市鳴子温泉
硬度・PH:10・8.8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:43mg
カリウム:0.7mg
カルシウム:3.9mg
マグネシウム:0.1mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
玉鳴号の故郷は出湯とこけしの里、宮城県鳴子温泉郷である。
紅葉で有名な鳴子峡の上流、地下1000mから湧き出た
天然の温泉(泉質は弱アルカリ単純泉)を原料に、
超清浄なクリーンルームでボトリングしている。

私はこのボトルを見た瞬間、
“鳴子温泉の水だ!”と気づいた。
他にもいくつか製品があるのだが、
特徴的なボトルだから直ぐにわかるのだ。

玉鳴号 たまなるごうとは不思議な名前だが、その由来は、
鳴子は温泉だけではなく、古くから馬産地としても名高く、
この製品を製造している遊佐家の先祖が、
大正天皇に献上した名馬 玉鳴号にちなんだ、との事である。

サラッとしていて清涼感があり、
後味がスッキリしていて飲み易い味。
クセが無く誰からも愛されるだろう。
有名な温泉水と言うだけで何か特別な感じがする。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1994-cfe00c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック