水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

富士山のバナジウム天然水

名称:富士山のバナジウム天然水
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市上吉田字立石4960
硬度・PH:36・7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.7mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:8.8mg
マグネシウム:3.5mg
フッ素:0.32mg
バナジウム:58μg
亜鉛:34μg

味の感想【yooo】
富士山周辺採水の水は、似たような名称のものが多いが、
シッカリとチェックし、紛れもなく新種である事を確認している。
サーフビバレッジの製品なのだが、
サーフと言えば山梨県甲州市塩山竹森のイメージが強いが、
富士吉田市にも工場があったとは知らなかった。
多分協力工場か、提携工場の製品だろうけど。

富士山には川がなく、降った雨や雪は、
富士山の主な溶岩である玄武岩層に
長い年月をかけて濾過され磨き上げられる。
その過程で有用微量ミネラル30種程が
溶け込んでいると考えられると言うから凄い。
ラベルに記述がなくても、含まれているミネラルは多いのだ。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされ、
その効果を過信する事は禁物だが、
効けばいいな程度の期待で続けるのは有りだと思う。
水を飲む習慣は身体に良いから。

富士山のバナジウム天然水

ボトルに空気が入っていない。
入っていたからと言ってどうと言う事は無いのだが、
少しでも劣化スピードを遅らせようとする努力は
消費者にとって嬉しい。

スッキリしていてグイグイ飲める味。
クセが無く誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
安価で売られているケースが多いし、
バナジウムは加熱してもOKと言う事だから、
料理等にもビシビシ使う事ができる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

富士山のバナジウム天然水

2012年5月 再入手したから載せておく。
成分が微妙に違っているから記しておこう。

硬度・PH:35・7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.5mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:8.9mg
マグネシウム:3.2mg
フッ素:0.33mg
バナジウム:59μg
亜鉛:0.02mg

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1990-f939596e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック