FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2020/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/04

まだ12月の前半と言う事で、
大晦日までに無いがあるかわからないし、
大晦日近くになれば再び書くと思うけど、
2010年に私がアチコチ飛び回って、
現場を見てきた感想でも書こうと思う。

今まで書いてきた事の繰り返しかもしれないが、
気にせず文字を並べていこう。

まず書きたいのは、
観光地に地元の製品を置いてあるケースが少ない事。
私が一番重要視していると言ってもいい、
“地元の水はまず地元で!”と言う事が実践できていないのが、
とても残念で悲しく思う。
勿論しっかり地元産の製品を揃えている所もあるのだが、
揃えていない所の方が目立っている印象だ。
サービスエリア・パーキングエリア・道の駅でさえ、
そのような所が多いのも現実である。

地産地消を謳っていたり、
何よりも地元を愛していると主張している店が、エリアが、
エビアンやボルビックしか置いていないのはなぜ?
その地区にミネラルウォーター製品が無いのなら別だが、
しっかりと存在している場合が多いから尚更腹が立つ。
当然エビアンやボルビックが悪いと言っている訳ではない。
それらを売るならまず地元産を置けと言いたいのだ。

水は全ての基本になる訳で、
美味しい水を宣伝する事は、その土地の評価UPに繋がると思う。
スペースを取ったり、重かったり、利益が薄かったり、
細かい取引先を増やしたくないと言った理由から、
水を売る事に対し積極的になれない気持ちはわからないでもないが、
地元産の牛乳やジュースを売るなら水も・・・
って思っちゃうよなぁ。

少しずつでも改善されていったら嬉しいな。
今後とも私は販売状況を全国でチェックしていくつもり。
来年からはそれをメモにして発表しようとも考えている。

その他でざっと感じた事は、
ミネラルウォーター業界全体に盛り上がりが無い事かな。
細かい事は大晦日近くに書くとして、
展示会や発表会に顔を出してみても、
以前のブームほどの勢いが感じられないどころか、
沈滞ムードが漂っていた気がした。
右肩上がりが止まって停滞から下降に転じた状況下で、
それを覆すには相当なエネルギーが必要になる。
何か起爆剤のようなものを業界全体で考える必要があるけど、
それは企業が単発で行っても難しそうだ。

私も素人なりに色々考えてみるから、
皆さんも是非考えて欲しい。

まだまだ書きたい事が沢山あるけど、
今回はこの辺で終わりにしておこう。

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1978-04b678b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック