FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

Asahi 富士山のバナジウム天然水

名称:Asahi 富士山のバナジウム天然水
採水国:日本
採水地:静岡県富士宮市
硬度・PH:29・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.8~7.6mg
カリウム:0.5~1.6mg
カルシウム:7.5mg
マグネシウム:2.5mg
その他特筆すべき成分:バナジウム6.2μg

販売者:記述無し

製造者:アサヒ飲料株式会社

味の感想【yooo】
この製品は既に以前紹介しているだろう!!
そう思った方もいるだろうが、
以前の製品は山梨県富士吉田市産で、
いつの間にか採水地が静岡県富士宮市に変わっていた。
迂闊にも全くその事に気づいておらず、
この間何気なくスーパーで購入した時に愕然とした。

なぜ山梨県富士吉田市から静岡県富士宮市に変わったのか、
その理由をアサヒに聞いてみたいが、
質問した所で答えてはくれないだろうなぁ。
だが諦めずにメールしてみる価値はある。

富士山に降った雪や雨が、
ゆっくりゆっくり地に浸透して行く内に磨かれ、
湧き出した原水を安全な環境下でボトリングし、
世に出したのがこの製品である。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされるが、
その効果を過信する事は禁物。
効けばいいなぁ程度の期待で飲み続けるのが一番。
例え全く効かなかったとしても、
水を飲み続ける事自体が身体に良いから、
損をすると言う事はないと私は思う。

500mlではなく、530mlと言う容量が嬉しい。
たったの30ml多いだけだが、得した気分になるものだ。

アサヒ飲料は六甲のおいしい水の権利も持っているし、
これからどう展開していくのか気になる企業だ。

富士宮市産のミネラルウォーターは、
100程度で少し硬度が高目のものが多いのだが、
この製品は29ととても低い。
同じ富士宮市でも井戸の位置がかなり違うのだろうか。
以前のバージョンだった富士吉田産の硬度が27だったから、
それに近いものを探して製品化に踏み切ったのだろうか。

サッパリスッキリとても飲み易い味。
クセがなく、自販機やコンビニで購入し、
日常で飲むには最適な水だと感じた。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

Asahi 富士山のバナジウム天然水 20170608

2017年6月 久し振りに更新してみる。
普段レアものばかり求めて日本全国をうろうろしているから、
大手製品を何年も買っていなかった・・・なんて事が起こる。
いつの間にかラベルチェンジもしていてイメージが変わった。

成分が微妙に変わっているから載せておく。

成分(/1000mL)
ナトリウム:2~13mg
カリウム:0.2~2.3mg
カルシウム:3~16mg
マグネシウム:1~6mg
その他特筆すべき成分:バナジウム6.2μg

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1954-561090ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック