水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

しっかりした独自営業網を持つ会社こそ
ミネラルウォーター販売に参入すべきだと私は常日頃思っている。

ガスの会社がウォーターサーバーを扱う事で、
既存のお客様に優先的な営業をかけ、
安定した販売数を得た例もあるように、
上手く行けば同じ営業体制で2つのものが売れる可能性がある。

勿論それはミネラルウォーターに限った事ではないのだが、
老若男女が日常消費するミネラルウォーターだからこそ
と言う考え方もある。

どのような仕事をしている人が売ればいいかと考えると、
新聞配達の人が新聞と共に1本ミネラルウォーターを配達したり、
クリーニング屋が仕上がった服と共に配達したり、
宅急便や郵便配達の人がやってもいいと思う。
ヤクルトレディーが扱うのも面白そうだ。
保険のセールスや金融商品の営業が取り扱ってもいいが、
そこまでやると何でも屋になってしまうから無理かな。

グリコはオフィス用に100円でお菓子が買える
置き菓子システムのサービスをしているが、
ミネラルウォーターを一緒に扱う事はできないかな?
常温で問題ないし、100円なら買う人もいるだろう。
配達するごとに違う製品を持って来たり、
パンフレットを置いたりすれば、
水に対する関心も高まりそうだが。

置き薬の会社も同じような事ができる。
薬を飲む時に最適な水をチョイスしたり、
夏の暑い時期には少し硬度の高い水で、
ミネラル補給をすすめてみるのも面白い。

勿論そこにはミネラルウォーターを運ぶ手間、
スペースの問題等々があるのはわかっているが、
特に車を使って何かを配達するサービスをしている所は、
ついでにと言っては悲しいが、
ミネラルウォーターの営業もすればいいだろう。
オリジナルを製作すれば更に面白い。

私が書いた中には既存のサービスもあるかもしれない。
それでも私はこう言う事を考え続ける事が大事だと思う。
既にあるものであれば、更に良くする方法を考えたりできるし。

商売でやっている訳では無いのに、私は常に色々考えている。
この文章だって本当はもっともっと下らない発想が沢山あって、
長い長いものだったんだけど、個人のブログとは言え、
下らな過ぎるのはNGだから、かなりの部分をカットした。

これこうすればいいんじゃない?
ここをこうすれば絶対今より良くなるよ!
どうすればいいだろう・・・
そんな思い付きや発想を常に持つ事が大事。
下らなくても稚拙でもいいのだ!
あるものを売るだけだとどうしても行き詰るから。

いつものように最後までまとまらない文章だが、
ここら辺で終わる事にする。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1937-076d88db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック