水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

予算とか、売れるか売れないかとか、
そう言うのを全く考えずに書くのだけど、
こう言うのがあったら面白いかな
と言うアイデアを書いてみる。

大概のミネラルウォーターのラベルには
成分表が載っていて、主要成分量がわかる。
(カルシウムと・マグネシウム等々)
だが、厳密に言えばその数値は検査時の数値で、
ボトルに入っている水が数値の通りでない可能性が高い。
自然のものだから毎日微かに成分が変わるのは
当たり前であり、しかも気にする意味も無い。

そうであれば、季節ごとに硬度や成分は
このような傾向になると言う事を記録しておき、
通常期と比べて顕著にその特徴が現れる井戸を持つ会社は、
ビールに倣って『秋味』とか『冬物語』とか、
そう言う季節限定の品を出してみると面白いかもしれない。
季節限定・数量限定にすれば、
売れなくてもダメージが少ないだろうし、
売れ残った品を賞味期限だけをしっかりと計算して記述すれば、
極端な話ラベルだけノーマルに戻して売っても問題ないだろう。

人は限定商品に弱い(私がそうなだけかもしれないが)。
そこをくすぐってあげると言うのも有りだと私は思った。
ラベルだけ季節に合わせてバージョンを変える所はあり、
その発想も大いに褒めるべきだと思うが、
もう一歩前進して考えてみたのだ。

もう1つ。

特定の季節・時期だけ売られる
数量限定ミネラルウォーターがあってもいいだろう。
ボジョレー・ヌーヴォーに倣って。

その季節が来ると欲しくなくても勢いで買ってしまう人がいたり、
首を長くして待ってくれる人がいる事を想像すると、
製造するのが楽しくなって来ないだろうか?

そんな妄想をしてみた伊藤善久でした。
たわ言と笑ってくれてもいい。
でもこうやって下らない事を考えているのが好きなのだ。
何も考えずに“どーせ○○だから売れない・・・”とか、
“売れる訳が無い”なんて諦めてしまうのは嫌なのである。

自分自身可笑しく思うのが、
製品を売っている会社でも無い、製造している工場でも無いのに、
こんな事ばかりを悩みながら考えている。
とにかく毎日毎日水水水である。

さぁ次は何を考えようかな。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1932-766c2e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
やまぐちりこ「出会って2.5秒で合体」でギネス挑戦 やまぐちりこの次のタイトルは「出会って2.5秒で合体」このスピードでギネスに登録する噂がある(笑)今回はゴックンも解禁で回をこなすごとにエロさ...
2010/11/16(火) 13:39:29 | やまぐちりこ「出会って2.5秒で合体」でギネス挑戦