水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

天然アルカリ水 もーもー水

名称:天然アルカリ水 もーもー水
採水国:日本
採水地:北海道寿都郡黒松内町豊幌
硬度・PH:105・7.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:17.8mg
カリウム:4.9mg
カルシウム:27.2mg
マグネシウム:9.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
北海道の大自然と太古に形成された貝殻地層に
天から降った雨や浸透し、磨かれて出来たのが原水。
染み込んだ水が貝殻から出る成分を加えながら、
素晴らしい水となっていくのを想像すると楽しくなる。
貝殻地層があるという事は、
昔採水地付近は海だったという事だろうか?

採水地の黒松内と言う場所はブナ林の北限で、
そこから採れる水と言うのは非常に有名。

もーもー水と言う名称が不思議だ。
情報が少ない商品で名前の由来がわからないが、
ラベルも牛柄に合わせているのが面白い。

天然アルカリ水 もーもー水

ボトルに空気が入っていない。
入っていたからと言って悪い訳ではないが、
少しでも劣化スピードを遅らせようとする努力が
消費者にとってとても嬉しい。

滑らかな舌触りで、口の中をスルっと抜けていく感じ。
日本の水としては硬度が気持ち高めだが、
クセが無く誰が飲んでも苦手とは言わないだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1928-e14a56c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック