水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

Amairo あまいろ



名称:Amairo あまいろ
採水国:日本
採水地:鹿児島県奄美市住用町役勝字三川
硬度・PH:43.5・8.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:71mg
カリウム:2.3mg
カルシウム:11mg
マグネシウム:3.6mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
本製品の原水が流れているのは、地下200mの島の奥深く。
およそ6550万年前~9960万年前の白亜紀後期の地層から
汲み上げている。
採水地は奄美本島内でも自然の深い地域、住用町。
その最奥に位置し稀有な自然が溢れる場所である。

個人的にはラベルデザインが好き。
南国と言うイメージの配色で、
売り場で見た人に“お!!”と思わせる事が出来る気がする。
ただ個人的には色を亜麻色にして、
3重の意味であまを強調しても良かったかなと思った。

ラベルとキャップに描かれている
奄美の『奄』をデフォルメしたロゴが素敵だ。

少し前に生きていた方々は、
奄美大島の水を九州ならまだしも、
全国津々浦々で飲む事が出来るようになるとは、
考えた事も無かっただろう。
そういう事を想像すると、とても贅沢な気持ちになる。

口当たりが優しく、後味サッと引くのが私好み。
クセが無くとても飲み易い。
恐らく誰が飲んでも嫌いと言わないだろう。
奄美大島に行って南国の雰囲気の中飲み干したい1本だ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

Amairo あまいろ

2013年12月 再入手したから載せておく。
ラベルがモンドセレクション受賞バージョンになった他は、
デザイン・成分ともに変化した点は無い。
鹿児島のスーパーではよく目にする。

Amairo あまいろ 2015年再入手

2015年3月 鹿児島市内にて再入手。
鹿児島市内はこの製品を置いてある店が意外にあって、
手に入れ易いのが嬉しい。
県産製品をしっかり売っているのを見ると嬉しくなる。

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ
以前、アクアマエストロの勉強をしようと
試みています!とコメントしたものです。
その節はお返事もくださり、ありがとうございます。

こちらのサイトで、マザーウォーターを知り、
先日行ってきました。
そのとき、店員さんに、なぜココに来たのかを聞かれて
「いやぁ~~ミネラルウォーター大全っていうサイトでぇ~」
と言ったら
「あぁ!Iさんのですか!何度か会ったことありますよ」
と盛り上がりましたよ。

その日は、大分のマグナ300と、鹿児島の高牧の森の水を買いました!

取り急ぎ、ご報告まで♪
2010/09/22(水) 19:44 | URL | tree #qlOT8vro[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1925-e3e9faac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック