水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

メルマガでも少し触れた話題なんだけども、
こちらの方でもう少し広げて書いて見ようと思う。

チェイサーや和らぎ水は、
お酒を飲む合間に飲む水の事で、
口の中の味をリセットしたり、
酔いを醒ましたりする効果がある。
私はその水をお酒と同じ産地の水にしたり、
自分こだわりの水にしたりして楽しむと言う事も、
面白いのではないかと考えてきた。
可能であれば仕込水をチェイサーや和らぎ水として使えば、
これ以上贅沢な事は無いだろう。

是非お酒の世界以外にも使いたい。

世の中には色々な飲み物が売られている。
私はそれ程甘い飲み物が好きでは無いので、
ジュース等を飲む機会は限られているのだが、
この間コーラを珍しく口にした時、
何気なく鹿児島の温泉水を合間に飲んでみた。
・・・これが美味しいのだ!
甘味がリセットされて、次にコーラを口に入れる時、
再び一口目のようなフレッシュ感が得られたのだ。

同じようにコーヒーでもやってみた。
・・・これまた美味しいのだ!
苦味がサッと流され、次への一口が待ち遠しくなったのだ。

そこで考えた。

お酒を扱う店ではなく、ジュースやコーヒーを扱う店でも、
チェイサーとしてこだわりの水を売るのはどうだろうか。
勿論ファストフードのような店では根付かないだろう。
ある程度お金を出しても入りたいと言うような、
全てにこだわった店がやると、
客の方も納得して注文する人がいるのでは無いだろうか。
無料で出される水でも良いのだが、
やはりそこにはこだわりを見せたい所だ。
当然ジュースやコーヒーを注文した客に対し
店員からその事に対する有効な説明や
パンフレットorチラシが必要になるけど。

特にコーヒーは面白いかもしれない。
ジュースは水を使わない場合も多いけど、
コーヒーは必ず淹れる時に水が必要だから、
今現在仕入れをしてまでこだわった水で淹れている店は、
同時にその水を売る良い機会になるかも?!

適している水は低硬度のものが良いと思う。
水がメインになるのではなく、あくまで脇役として使うから、
主張が激しい水であるのは良くないだろう。

完全な思いつきで書いてしまっているけど、
“おお、それいいな!”と思った方はやってみて下さい。
その前にまず自分でやってみるといいでしょう。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1906-7d6efde0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック