水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

前編はこちらから

サントリー天然水白州工場に入ったのは9時25分頃。
9時30分が見学の受付開始時間だったから、
ナイスタイミングで入ったと言えるだろう。

サントリー 受付

受付では見学人数等の簡単な情報を紙に記入し、
ドライバーにスタッフが誤ってアルコールを出さないよう
目印になるものを渡される。
それが終われば工場施設内へと行く事が出来る。

サントリー 森

受付棟の後ろは既に森で、木々の緑が心地良く、
太陽の光を遮ってくれる為、涼しく快適である。
いつまでも歩いていたいような道が続き、
鳥の声を楽しんでいると、ウヰスキーミュージアムが見えてくる。

サントリー ミュージアム

ミュージアムの入り口にて
ウヰスキー・天然水・ウヰスキー&天然水の
どの見学コースにするかを聞かれ、
時間まではブラブラしている感じ。

9時55分見学開始。

参加者全員でミュージアムからバス乗り場まで移動し、
バスにて工場まで移動する。
5分ほど走って到着。

新工場は当たり前だけどピカピカで、
建物は勿論、車寄せの道までもが輝いて見えた。
旧工場も私は好きだったけど、明るさが違う印象を受けた。

建物内に入り、南アルプス山々が写るの大きな写真を前に、
太陽光発電やリサイクルの事について説明を受ける。
発電量はかなりの規模であるとか、
制服はペットボトルから出来ているとか。
その後はモニターで天然水南アルプスの事を学び、2階に移動する。
移動途中にガラス張りの所を通るのだが、
敷地内から出てきた花崗岩を上手く使った庭が
心を落ち着かせてくれる感じがした。

2階移動後はモニターにて生産工程を学ぶ。
“あれ、モニター見学だけ?!”と思ったけど、
そんな事があるはずが無い。
外側が見えなかったガラスがスッと透明になり、
見学者からは“おー!”と言う感嘆の声が上がった。
そこでは水の充填が終わったボトルが
箱に詰められるまでの行程を見る事が出来、
皆その動きを目で追って楽しんでいた。

水の充填過程はモニターにて学ぶ。
そのモニターは妙な仕掛けがあり、
見学者が画面に映るようになっていて、
周囲から笑い声や不思議がる声が出て和やかになった。

モニター学習後はサントリー自慢のエコクリア包装を実際に見、
触る事ができ、ダンボールよりも地球環境に優しいと言う事を学ぶ。
私はまだ売り場で見た事が無いのだが、
順次市場にも出回るみたいで、
売り場で実際見るのが楽しみ。
実際持ってみたけど、強度は充分だし、
大企業系の製品では主流になっていくかも。
ゴミが少なくて、消費者には嬉しいしね。
ダンボールは便利だけどゴミとしての体積が大きいし、
資源ゴミ回収の日って頻繁じゃないから、
家に置いておくのが辛いしねぇ・・・

エコクリア包装の説明で見学行程はおしまい。
再びバスに乗って元の所まで戻り、試飲が始まる。

サントリー 試飲

試飲会場ではミネラルウォーターの飲み比べが出来る。
サントリーが扱っているフランス産のヴィッテルと、
天然水南アルプスの味の違いを感じるのが目的。
硬度300程のヴィッテルと天然水南アルプスでは
口に入れた瞬間に“違う”と感じる人が多いだろう。
300程度では大した事ないと思っていても、
軟水と比べれば重いし、何か入っているのがわかるから。
そうやって味覚から違いを感じる事は、
意外と普段しな事であるから、機会を与えてくれるのが嬉しい。
比べる事でわかる楽しさを皆が持てれば、
もっともっと水で楽しむ事が出来るし。

水以外にもなっちゃんや白州の水割り等、
飲む事が出来るから、お子さんがいてもOKだし、
色々質問が出来きて、個人的な疑問も解決できる。

試飲が一段楽した所で全行程は終わりとなり解散になるのだが、
もう一度見学しちゃおうかなと思う位楽しかった。
旧工場は2Lペットボトルの洗浄行程を
直ぐ横から見られる(ガラス越しに)良さがあって、
そちらも私は好きだったけど、新工場も最高だね。
豊かな自然・清潔な工場環境・教育の行き届いたスタッフ、
その全てを直接感じる事で、
天然水南アルプスの素晴らしさを改めて知った。

ありがとうサントリーの皆さん。
ありがとう南アルプスの大自然たち。

おしまい

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1833-5a568e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック